V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
501
[開催日]
2013/11/30
[会場]
所沢市民体育館
[観客数]
1,857
[開始時間]
12:30
[終了時間]
14:22
[試合時間]
1:52
[主審]
阿部 広太郎
[副審]
田中 昭彦

JTマーヴェラス

監督: 尾﨑 侯
コーチ: 北原 勉
通算: 1勝0敗
3 22 第1セット
【28】
25 1
25 第2セット
【26】
21
25 第3セット
【27】
23
25 第4セット
【22】
13
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 開幕戦の緊張感から、攻撃の部分で相手に押される展開となったが、2セット目以降は、本来のディフェンスを活かした、速く多彩な攻撃が機能し始めセットを奪い返すことが出来た。また、試合を通して効果的なサーブで攻め続けられたことも勝因である。
 開幕戦を勝利することができ、明日以降にも勢いを持って臨んでいけるだろう。
 本日は会場でのご声援、本当にありがとうございました。明日も大きなご声援よろしくお願いいたします。

22 石井
()
早坂
()
平松
(山田(侑))
竹田
()
25
奥村
()
石川
()
藤田
(眞)
竹内(彩)
()
橋本
()
高橋
()
カナニ
(山田(真))
衛藤
()
横江 リベロ 高橋
25 石井
()
早坂
()
平松
(山田(侑))
竹田
()
21
奥村
()
石川
()
藤田
()
竹内(彩)
()
橋本
()
高橋
()
カナニ
(山田(真))
衛藤
()
横江 リベロ 高橋
25 石井
()
早坂
()
平松
(山田(侑))
竹田
()
23
奥村
()
石川
()
藤田
()
竹内(彩)
(眞)
橋本
()
高橋
(千葉)
カナニ
(藤原)
衛藤
()
横江 リベロ 高橋
25 石井
()
早坂
(上屋敷)
カナニ
(藤原)
藤田
()
13
奥村
()
石川
()
衛藤
()

()
橋本
()
高橋
()
竹内(彩)
(山田(真))
竹田
()
横江 リベロ 高橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日の開幕戦は黒星スタートとなりました。
 1セット目はサーブ、ブロック、レシーブと機能し、きっちり点数に結びつけることができましたが、2、3セット目はサーブが甘くなり、また中盤の大事なポイントで、連続失点してしまったのが敗因だと思います。
 まだリーグ戦も始まったばかりで課題も山積ですが、まずは明日の試合に向けてしっかり調整していきたいと思います。
 本日は遠方より多くの方々のご声援ありがとうございました。

要約レポート

 Vリーグ・アンバサダー石川梨華さんの配球式で華々しくスタートした開幕戦は、粘りのあるトヨタ車体クインシーズが先行した。
 JTマーヴェラスも石川や石井らの活躍で一度は逆転するものの、トヨタ車体がキャプテン竹田とカナニの両エースの活躍で突き放し1セット目を先取した。
 2セット目も17−17まで一進一退の攻防となったが、JTは高橋のブロックとスパイクで抜け出ると、最後は石井の切れのあるスパイクでセットを奪い返した。
 第3セットは序盤でJTが石井のアタック、サーブ、バックアタックの3連続ポイントで抜け出ると、センター石川のブロックや攻撃も光り接戦を制した。
 第4セットもJTが、高橋の切れのあるスパイクでリードすると、中盤は石川、奥村、早坂らのブロックでリードを広げると、付け入る隙を与えずセットを制し、開幕戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小野沢 一宏