V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
507
[開催日]
2013/12/01
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)
[観客数]
2,600
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:48
[試合時間]
1:48
[主審]
高橋 弘二
[副審]
田野 敏彦

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 安藤 健太郎
通算: 2勝0敗
3 22 第1セット
【28】
25 1
25 第2セット
【24】
17
25 第3セット
【25】
20
25 第4セット
【22】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 開幕2日目ということで緊張する場面も多い中、選手一人一人が声を掛け合い戦い抜くことができたゲームになった。
 NECレッドロケッツの粘り強いレシーブから展開される巧みな攻撃に苦戦をし、1セット目を失った。
 しかし、パイオリーニを中心に日立のブロックでの得点シーンを作ることができた。それによって、レシーブ、スパイクと流れをつかむことができ、勝利することができた。
 岡山県で開幕を迎えるにあたって、運営・進行に携わった方々、また関係者、ファンの皆様に感謝しています。ありがとうございました。

22
()
江畑
()
都築
()
松浦
(白垣)
25
遠井
()
佐藤(美)
(永松)
大野
()
島村
()
高橋
()
パオリーニ
(佐々木)
ハナ
()
八幡
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎 鳥越
25
()
江畑
()
松浦
(白垣)
島村
()
17
遠井
()
佐藤(美)
()
都築
()
八幡
()
高橋
()
パオリーニ
(石田)
大野
()
ハナ
(秋山)
佐藤(あ) リベロ 鳥越 岩崎
25
()
江畑
()
都築
(内田)
松浦
()
20
遠井
()
佐藤(美)
(永松)
大野
(近江)
島村
()
高橋
()
パオリーニ
(佐々木)
ハナ
(白垣)
八幡
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎 鳥越
25
()
江畑
()
松浦
(渡辺)
島村
()
23
遠井
(伊関)
佐藤(美)
(永松)
都築
(近江)
八幡
()
高橋
()
パオリーニ
(佐々木)
大野
()
ハナ
(内田)
佐藤(あ) リベロ 鳥越 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

ハナや八幡と得点を取るべき選手が頑張ってくれた。
 また、レシーブも良く粘り、NECのバレーが展開しつつあったが、徐々に日立のリズムへと流れが変わってしまった。
 そして、気持ちの部分でも攻めから守りへとなってしまったことが、自分たちからリズムを引き離す結果となった。
 連続失点も多く、セットの入り方が悪いのでそのあたりを修復し来週の試合へと臨みます。
 引き続きご声援をよろしくお願いします。

要約レポート

 開幕二連勝を狙う日立リヴァーレと今季初勝利を狙うNECレッドロケッツとの一戦。
一進一退の攻防の末、第1セットを落とした日立は、第2セットは江畑、高橋のスパイクでリードを広げ、終盤はパオリーニの活躍で一気に取り返した。
第3セットは1点を争うシーソーゲームとなったが、終盤日立は永松のサーブにより一気に流れを引き寄せ、連取した。
続く第4セットも勢いに乗る日立が序盤から優位に試合を進めた。終盤NECは大野、島村の攻撃で粘りを見せるが、最後は日立のパオリーニのブロックが決まり、日立が開幕2連勝を飾った。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 内藤 由貴