V・プレミアリーグ女子 2012/13 ファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
642
[開催日]
2013/04/13
[会場]
東京体育館
[観客数]
6,030
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:16
[試合時間]
1:16
[主審]
北村 友香
[副審]
田中 昭彦

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 0勝1敗
0 16 第1セット
【22】
25 3
16 第2セット
【23】
25
17 第3セット
【25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 野中 俊英
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 優勝決定戦たくさんの応援ありがとうございました。
 今日のゲームはサーブで攻めることができずにブロックで相手をしぼることがむずかしく、アタッカーをとめることができなかった。
 逆に、こちらのサーブレシーブが崩れてしまい、迫田にトスが集まってしまって攻撃が単調になってしまったのが敗因である。
 長いリーグ、たくさん応援していただきありがとうございました。

16 小平
(峯村)
迫田
()
新鍋
()
古藤
()
25
荒木
()
宮田
(二見)
岩坂
(石橋)
平井
()
中道
(田代)
高田
()
長岡
()
石井
()
濱口 リベロ 座安
16 小平
(峯村)
迫田
()
岩坂
(石橋)
新鍋
()
25
荒木
()
二見
()
長岡
()
古藤
()
中道
(田代)
高田
()
石井
()
平井
()
濱口 リベロ 座安
17 小平
(峯村)
迫田
()
新鍋
()
古藤
(狩野)
25
荒木
()
宮田
(二見)
岩坂
()
平井
()
中道
(田代)
高田
()
長岡
()
石井
(石田)
濱口 リベロ 座安

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 皆様のお力添えをもちまして優勝することができました。心より感謝申し上げます。
 若いチームであったので、長いリーグ戦の中で好不調の波があったが、最後は勝負強いチームになってくれた。
 選手、スタッフが個々の役割を果たし、チーム力で優勝を勝ち取ることができた。
 本日も熱いご声援ありがとうございました。今後とも、久光製薬スプリングスをよろしくお願いします。

要約レポート

 セミファイナルではフルセットの熱戦を繰り広げた久光製薬スプリングスと東レアローズ。
両チームにとっては優勝が決定する大事な一戦。
 第1セット、両チーム好レシーブを見せ、なかなかお互いを引き離せない展開となったが、終盤久光製薬はピンチサーバーで入った石橋が相手レシーバーを崩すと、セッター古藤が多彩なトスワークを見せ8連続得点をし、1セットを先取した。
 第2セット、ブロックの決まりだした久光製薬がリード。東レは中盤セッターを田代に変え迫田、小平にボールを集め応戦する。しかし久光製薬の勢いは止められず、2セット連取した。
 このままでは終われない東レであったが、久光製薬のリベロ座安の好レシーブに阻まれ、得点に繋がらない。久光製薬は序盤からブロックが決まり東レを引き離すと、隙を見せない試合展開をした。
 久光製薬古藤のトスワークが冴える試合であった。昨年と同じ対戦となった決勝戦は、久光製薬が雪辱を果たし、6年ぶりの優勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 渡辺 彰子