V・プレミアリーグ女子 2012/13 セミファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
636
[開催日]
2013/04/07
[会場]
船橋市総合体育館(船橋アリーナ)
[観客数]
3,200
[開始時間]
15:35
[終了時間]
16:59
[試合時間]
1:24
[主審]
明井 寿枝
[副審]
塚本 健

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 野中 俊英
通算: 3勝0敗
3 25 第1セット
【26】
20 0
25 第2セット
【26】
21
25 第3セット
【26】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 セミファイナルの3連戦を全勝できた事が最大の収穫である。負けている展開でも、安定したサーブレシーブから焦ることなく立て直せたことがよかった。また、途中から出場した筒井(視)や石橋の活躍もあり、チーム力を発揮できたことも、来週のファイナルに向けての弾みとなった。セミファイナルの勢いをそのままにもう一度チーム一丸となり全員でファイナルを戦いたい。3日間、盛大なご声援、本当にありがとうございました。

25 平井
()
石田
()
川島
(岡野)
村田
(佐々木(萌))
20
古藤
()
長岡
()
福田
()
宮下
()
新鍋
()
岩坂
(石橋)
川畑
(吉田)
山口
()
座安 リベロ 丸山
25 石田
()
長岡
()
佐々木(萌)
(川畑)
宮下
()
21
平井
()
岩坂
(水田)
川島
(岡野)
山口
()
古藤
()
新鍋
()
佐々木(侑)
()
福田
()
座安 リベロ 丸山
25 水田
()
石田
()
山口
(吉田)
佐々木(萌)
(岡野)
20
古藤
()
長岡
(筒井(視))
佐々木(侑)
()
宮下
()
新鍋
()
岩坂
(石橋)
福田
(卜部)

(川島)
座安 リベロ 丸山

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 中盤までは一進一退のゲーム展開ができたが久光製薬に粘りあるプレーが出だしたとき、持続性が途切れてしまった。3位を奪取するためには決定戦までにそのラリーを制することができるよう、プレー上の呼吸を合わせていきたい。ファンの皆様と一丸となって最後を締めくくれるよう頑張っていきますのでよろしくお願いします。本日まで3連戦の熱いご声援、ありがとうございました。

要約レポート

 V・プレミアリーグセミファイナル最終戦、2連勝で優勝決定戦を決めている久光製薬スプリングスは、石田のスパイク、新鍋と座安の好レシーブによりリードを奪う。対する岡山シーガルズは、大事なところで決定力のある福田にボールを集め、食らいつく。終盤、久光製薬のブロックが圧倒し、先取する。2セット目になると岡山のブロックが決まり始め、佐々木(侑)、山口のスパイクで流れをつかむ。久光製薬は安定したサーブレシーブを武器に両サイドの速いコンビバレーを展開し、流れを取り戻し、レギュラーラウンドサーブ効果率1位の久光製薬がその牙を剥き、連取する。3セット目も、サーブで相手を崩し、ブロックに引っかけ、自分達の形を作る久光製薬。何とか1勝したい岡山であったが、久光製薬の筒井(視)が大活躍し、3連勝でセミファイナル1位を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 池畑 翔