V・プレミアリーグ女子 2012/13 セミファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
634
[開催日]
2013/04/06
[会場]
船橋市総合体育館(船橋アリーナ)
[観客数]
3,500
[開始時間]
16:25
[終了時間]
18:08
[試合時間]
1:43
[主審]
北村 友香
[副審]
田野 昭彦

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 1勝1敗
3 25 第1セット
【23】
15 1
25 第2セット
【23】
19
21 第3セット
【23】
25
25 第4セット
【25】
17
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 たくさんの応援ありがとうございます。昨日は短くなったトスを、無理に打ってブロックされてしまったので、今日は、合わなかったトスや短いトスは、リバウンドやフェイントでカバーし、ミスを減らすことが出来た。今日は高田が攻守に頑張ってくれた。ラリー中に強打やフェイントでチームを救ってくれた。また、ミドルブロッカーの二人がトスを要求してサイドの負担を減らしてくれたのが勝因である。明日は、今日以上にプレッシャーがかかるが、チーム全員で力を合わせて思いをぶつけます。

25 小平
(峯村)
迫田
()
山口
()
佐々木(萌)
()
15
荒木
()
宮田
()
佐々木(侑)
(福田)
宮下
()
中道
()
高田
(木村)
村田
(川畑)

()
濱口 リベロ 丸山
25 小平
(峯村)
迫田
()
佐々木(萌)
()
宮下
(佐々木(侑))
19
荒木
()
宮田
()

(川島)
山口
(森田)
中道
(田代)
高田
()
福田
(岡野)
川畑
(村田)
濱口 リベロ 丸山
21 小平
(峯村)
迫田
()
佐々木(萌)
()
宮下
()
25
荒木
()
宮田
()
川島
()
山口
()
中道
(田代)
高田
()
福田
()
川畑
()
濱口 リベロ 丸山
25 小平
(峯村)
迫田
()
佐々木(萌)
()
宮下
(佐々木(侑))
17
荒木
()
宮田
()
川島
(関)
山口
()
中道
()
高田
()
福田
(森田)
川畑
()
濱口 リベロ 丸山

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1・2セット、チャンス時に、全員が単純なセオリーでしか責められなかったことが、後手に回り東レを勢いづかせてしまった。3セット目から、宮下を中心に攻めのバレーに徹し切れたことが、楽しい時間とセットを取ることが出来た要因である。この3・4セットの攻め、繋ぎを確かな力として身につけていくことが大事である。本日も遠方より多くのご声援ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

要約レポート

 昨日フルセットの末、共に惜敗を喫した東レアローズと岡山シーガルズの一戦は、第1セット中盤までもつれたが、終盤リベロ濱口の効レシーブにより引き離した東レがこのセットを取った。第2セットは中盤以降東レのブロックが効果的に決まり、このセットも取った。第3セットは岡山の福田のサービスエースを含む3連続ポイントなどで先行し、序盤のリードを守り抜きものにした。第4セットは、また東レが迫田、峯村のバックアタックも決まりだし、迫田、宮田のブロックも効果を発揮して、3−1で勝利をものにした。東レは、キャプテン荒木が要所で得点し、流れを変えないゲーム運びをしていた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小磯 明博