V・プレミアリーグ女子 2012/13 セミファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
631
[開催日]
2013/04/05
[会場]
船橋市総合体育館(船橋アリーナ)
[観客数]
1,500
[開始時間]
16:00
[終了時間]
18:25
[試合時間]
2:25
[主審]
田野 昭彦
[副審]
明井 寿枝

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 1勝0敗
3 22 第1セット
【26】
25 2
22 第2セット
【30】
25
26 第3セット
【29】
24
25 第4セット
【30】
21
15 第5セット
【18】
10

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目、岡山シーガルズさんの軟攻と強打を織り混ぜた攻撃に苦戦を強いられリズムをつかめなかった。
また、サーブミスも大きく響いてしまった。
 2セット目、相手レシーブも良く、攻撃のリズムが作れず、逆に、山口選手を中心とする攻撃を防ぐことが出来なかった。3セット目、粘る岡山さんのレシーブと巧さのあるプレーに追い詰められたが、踏んばってくれた。
 4セット、一時は5点のリードを奪われたが大野らの頑張りでリズムを戻したことが大きかった。
 そして、5セット目は、イエリズが奮起してくれた。明日も粘り強くNECらしいバレーを展開していきます。
 応援よろしくお願いいたします。

22 内田
()
イエリズ
(白垣)
山口
()
佐々木(萌)
()
25
杉山
(金子)
島村
(大野)
佐々木(侑)
()
宮下
()
松浦
()
近江
()
村田
(福田)

(卜部)
鳥越 リベロ 丸山
22 杉山
(大野)
内田
()

(川島)
佐々木(萌)
(福田)
25
松浦
(秋山)
白垣
()
佐々木(侑)
()
宮下
()
近江
(金子)
島村
()
村田
()
山口
()
鳥越 リベロ 丸山
26 島村
()
内田
()
佐々木(萌)
()
宮下
()
24
秋山
(イエリズ)
白垣
(金子)
川島
(関)
山口
()
近江
()
大野
()
佐々木(侑)
(福田)
川畑
(村田)
鳥越 リベロ 丸山
25 島村
(杉山)
内田
()
村田
(川畑)
福田
(関)
21
秋山
(イエリズ)
白垣
(松浦)
宮下
()
山口
()
近江
()
大野
()
佐々木(侑)
()
佐々木(萌)
()
鳥越 リベロ 丸山 野口
15 杉山
(金子)
内田
(大野)
川島
()
佐々木(萌)
()
10
秋山
()
イエリズ
(白垣)
山口
(岡野)
宮下
(川畑)
近江
()
島村
()
佐々木(侑)
(福田)

()
鳥越 リベロ 丸山

監督コメント

 3セット目までは個々の持ち味を出しながらセミフャイナルにふさわしい高い集中力が発揮されたように思う。
 4・5セット目になってリーグ途中からの課題であったスタミナの足りなさが焦りにつながり前半にできていたプレーが出来なくなっていた。
 新加入の佐々木姉妹が福田・栗原に代わり日増しに力をつけてきているのが好材料。
 明日からの2戦、最後に力を出しきれるよう皆の力を合わせていきたい。
 本日は、熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 レギュラーラウンド一位のNECレッドロケッツと同四位の岡山シーガルズの対戦は、NECの内田、島村、白垣に対し、岡山の両佐々木、村田の打ち合いで両者譲らぬ試合展開を見せたが、岡山が1、2セットを制した。
 3セット目もこのまま進みセットカウント3−0で終わるかに見えたがセット後半から岡山のコンビが乱れ、またNECが頑張りを見せフルセットに持ち込んだ。
 最後は、NECがイエリズ、杉山の高身長選手を投入し杉山のブロックや3連続のスパイクポイントで、勢いを付けセットカウント3−2で逆転勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 稲岡 輝彦