V・プレミアリーグ男子 2012/13 セミファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
432
[開催日]
2013/03/29
[会場]
豊田市総合体育館(スカイホール豊田)
[観客数]
873
[開始時間]
18:55
[終了時間]
21:20
[試合時間]
2:25
[主審]
石井 洋壮
[副審]
小野 将人

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 1勝0敗
3 25 第1セット
【26】
21 2
31 第2セット
【35】
33
25 第3セット
【25】
19
20 第4セット
【28】
25
15 第5セット
【19】
13

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合、お互いに粘り、良い戦いであった。相手サイドアウトの決定率が高く、なかなかブレイクできなかったが、要所でブロックポイントを取れたことが大きい。

 ただ、3連戦総当りでのフルセットは差がないので、明日以降も時間のない中でできる限りコンディションを高め臨みたい。

25 石島
()
ペピチ
()
川村
(谷村)
枩田
(渡辺)
21
横田
()
松本
()
ジョンパウロ
()
福澤
()
今村
()
千々木
()
白澤
(山本(隆))
宇佐美
()
井上 リベロ 永野
31 横田
()
石島
()
川村
(谷村)
枩田
(渡辺)
33
今村
(大道)
ペピチ
()
ジョンパウロ
()
福澤
()
千々木
()
松本
()
白澤
(山本(隆))
宇佐美
()
井上 リベロ 永野
25 石島
()
ペピチ
()
川村
(谷村)
枩田
()
19
横田
()
松本
()
ジョンパウロ
()
福澤
(渡辺)
今村
(大道)
千々木
(内藤)
白澤
(山本(隆))
宇佐美
()
井上 リベロ 永野
20 横田
()
石島
(北島)
枩田
(渡辺)
福澤
()
25
今村
()
ペピチ
()
川村
(谷村)
宇佐美
()
千々木
(内藤)
松本
()
ジョンパウロ
()
白澤
(山本(隆))
井上 リベロ 山本(拓) 永野
15 石島
()
ペピチ
()
枩田
(渡辺)
福澤
()
13
横田
()
松本
()
川村
()
宇佐美
()
今村
()
千々木
(内藤)
ジョンパウロ
()
白澤
(山本(隆))
井上 リベロ 永野

監督コメント

 厳しい接戦であったが、気持ちを切り替え明日の試合に全力を尽くす。

 たくさんのご声援、誠にありがとうございました。

要約レポート

 レギュラーラウンド3位の堺ブレイザーズが,同2位のパナソニックパンサーズをフルセットの末,接戦で制した。堺は、ブロックポイントで14本とパナソニックを5点上回った。特に第3セット,14−13から千々木が相手のライト側のバックアタックを,続いて横田がレフトのアタックをそれぞれ1枚で止めたシーンが今日のブロック力を象徴していた。また,セッター今村のトスワークが素晴らしかった。最終セットの序盤に松本のCクイックと横田のAクイックを決めさせるなど,ミドルブロッカーの使い方がうまかった。堺は5セット目,10−11と逆転を許してから4連続得点で一気にひっくり返したが,チームの集中力が最後まで途切れなかった点も勝因であった。
 最終セット11−10とリードを奪ったパナソニックだったが,そこからサーブとアタックの連続ミスで流れを失ってしまった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇