V・チャレンジリーグ女子 2006/07 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
714
[開催日]
2007/01/28
[会場]
柏市中央体育館
[観客数]
450
[開始時間]
12:40
[終了時間]
13:56
[試合時間]
1:16
[主審]
濱中 昌志
[副審]
君塚 優子

柏エンゼルクロス

監督: 吉田 昌子
コーチ: 片田 瑞己
通算: 0勝4敗
0 19 第1セット
【22】
25 3
22 第2セット
【29】
25
11 第3セット
【19】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

三洋電機大阪

監督: 藤本 幹朗
コーチ: 中江 康剛
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

2セット目終盤に追いついたところで自滅してしまったことが敗因である。地元柏での開催で、協力していただいている皆様に御礼申し上げます。

19 沼能
(新田)
服部
()
山元
()
丸山
()
25
木村
()
吉井
()
戸田
()
坂田
()
増渕
()
堀川
()
槌谷
()
村上
(小坂)
知久 () リベロ ()
22 沼能
(新田)
服部
()
山元
(畑中)
丸山
(黒川)
25
木村
()
吉井
()
戸田
()
坂田
()
増渕
()
堀川
()
槌谷
()
村上
(小坂)
知久 () リベロ ()
11 沼能
()
服部
()
山元
()
黒川
()
25
木村
(新田)
吉井
(渋谷)
戸田
()
坂田
(金谷)
増渕
()
堀川
()
槌谷
()
村上
()
知久 () リベロ ()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
() リベロ ()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
() リベロ ()

監督コメント

今日はレシーブのいいチームが相手なので、予想通りこちらの攻撃が拾われたが、何とか粘り負けせずに攻め切れたと思います。打数を減らして、いかに効果的に攻めていけるか、次の試合以降もう一度組み立てていきたい。

要約レポート

第1セット序盤から1点を争う攻防となった。終盤、三洋電機大阪10番坂田亜弥のサービスエース、8番村上友香・11番槌谷 優のアタックなどで連続得点し、三洋電機大阪が抜け出し逃げ切った。
第2セットに入ると、柏エンゼルクロスの6番木村風子・16番服部晃佳を中心とした攻撃が決まりだし、中盤まで見応えのあるシーソーゲームが続いたが、三洋電機大阪の多彩な攻撃が勝り、このセットももぎ取った。
第3セット、後のない柏エンゼルクロスはメンバーを交代し必死に粘ったが、三洋電機大阪1番山元 瞳のサーブや、11番槌谷のブロックなどにより、最後までリズムをつかむことができず追いつくことはできなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 花野井 茂