V・チャレンジリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
718
[開催日]
2012/12/09
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
260
[開始時間]
16:05
[終了時間]
17:08
[試合時間]
1:03
[主審]
中山 健
[副審]
首藤 隆宏

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 平野 天
通算: 1勝3敗
0 9 第1セット
【17】
25 3
20 第2セット
【21】
25
16 第3セット
【19】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 長井 浩二
コーチ: 寺嶋 大樹
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 トヨタ自動車ホームゲーム2日目。1セット目スタートは、ジェイテクトの強いサーブとスパイクに何も出来ずに終わった。2セット目からは少しレシーブがつながり始めたがジェイテクトの高いブロックにはばまれた。

 多くの応援ありがとうございました。来年からのリーグ戦に向けて、心を切り替えてがんばります。

9 二宮
()
徳尾
()
石田
()
高橋
()
25
大保
()
大泊
()
松崎
()
金丸
()
東野
()
渡邉
(榊原)
エンダキ
(清野)
若山
()
福島 リベロ 大矢
20 二宮
(木村)
徳尾
()
石田
()
島野
()
25
大保
()
大泊
()
松崎
()
小松
()
東野
()
渡邉
()
清野
()
袴谷
()
福島 リベロ 大矢
16 二宮
(木村)
徳尾
()
石田
(松原)
島野
()
25
大保
()
大泊
()
松崎
()
小松
()
東野
()
渡邉
()
清野
(小野)
袴谷
()
福島 リベロ 大矢

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 リーグは年内最後の試合でしたので選手も気合が入っていた。
 2セット目トヨタの拾ってつなぐバレーに苦戦したが良い所で効果的なブロックが出た。

 エンダキに代わって入った清野がすばらしく、サーブ・スパイクに切れがあり、今後も頼もしい。

 この4試合で明確になった課題をチームで話し合い、練習し年明けからのリーグ戦で結果を出して行きたい。

要約レポート

 ジェイテクトSTINGSが強力なサーブとブロックで,トヨタ自動車サンホークスをねじ伏せた。
 第1セットはエンダキが強打とサーブで流れを作り10−5としたところで清野に交代。しかしそのまま18点まで連続得点を重ね,層の厚さを見せつけた。終盤は相手のレフトを3人がそれぞれブロックで止め,トヨタ自動車に思うように攻撃させなかった。
 第2セット,若手を起用し臨んだジェイテクトは,個々の力は高いもののミスがあり,また相手のライト側の攻撃を止められず互角の展開となった。20−19からアタックを決め,続いて相手のレフトを1枚ブロックで止めた清野が殊勲の活躍だった。このセットはタイムアウトのたびにベンチから「ブロックの手を前に出せ」という声が聞かれた。1セット平均5本以上のブロックポイントは見事であった。
 第3セット,は袴谷が爆発。アタックポイント5点(内バックアタック3本),サービスエース2本,ブロック1本の勝負強さを見せた。
 トヨタ自動車は攻撃してもブロックに跳ね返される苦しい展開だった。次第に元気がなくなり,ベンチから「声を出せ」という指示が何度か飛んだ。若さが売りのチームらしさを発揮することができなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇