V・チャレンジリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
701
[開催日]
2012/12/01
[会場]
刈谷市体育館
[観客数]
212
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:10
[試合時間]
1:10
[主審]
佐々木 伸子
[副審]
柘植 知則

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ: 池田 正一
通算: 0勝1敗
0 14 第1セット
【18】
25 3
17 第2セット
【22】
25
23 第3セット
【24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 平野 天
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 開幕戦ということもあり、出だしから硬くなってしまった。また、セッター 浅見の故障もあり、急にチームを変化させなければいけなかった。明日はもう少し良いゲームが出来るように頑張ります。

 応援、ありがとうございました。

14 伊藤
(松葉)
松本
()
渡邉
()
東野
()
25
荒川
()
西片
()
大泊
()
大保
()
馬場
()
橋本
()
徳尾
()
二宮
()
早川 リベロ 福島
17 伊藤
()
松本
()
渡邉
()
東野
()
25
荒川
()
西片
()
大泊
()
大保
()
馬場
()
橋本
(松葉)
徳尾
()
二宮
(上原)
早川 リベロ 福島
23 橋本
(松葉)
松本
()
渡邉
()
東野
()
25
荒川
()
西片
()
大泊
()
大保
()
伊藤
(馬場)
大貫
()
徳尾
()
上原
()
早川 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 地元 愛知県での開幕戦。スタートから集中したゲームであった。サーブで崩して、ブロック&レシーブすることが出来た。若い選手の可能性を活かせたゲームであった。3セット目はサーブレシーブの乱れからミスが多くなってしまったが、次のゲームも集中したゲームにしたい。

 地元での多くの応援、ありがとうございました。

要約レポート

 トヨタ自動車サンホークス対東京トヨペットグリーンスパークルの戦いは,若さあふれる全力バレーのトヨタ自動車が勝利を収めた。
 第1セットの序盤は,互いにミスが絡んだ3連続ポイントが続く大味なスタートとなった。初戦の緊張感が見てとれた。中盤から締まった展開となったが,センター大保のBクイックが相手のブロックを寄せ付けず,トヨタ自動車がセットを奪った。14-11から徳尾の強烈なスパイクサーブから4連続得点できた点が大きかった。
 第2セットも序盤にトヨタ自動車が5連続得点,しかし中盤は締まるという1セット目と同様の展開で,16-14となった。ここで二宮が効果的なフローターサーブを放って主導権を握ると,21-14まで達した。これがこのセットのポイントとなった。終盤の渡邉のレフトからの強打も目立った。
 互いにメンバーやポジションを入れ替えた第3セットは展開が一転し,東京トヨペットが21-19までリードした。しかし,トヨタ自動車は渡邉のサービスエースで同点に追いつくと,長いラリーを徳尾がライトからのアタックで逆転。終盤は相手のBクイックを大保がブロックし勝利を決定づけた。ただ,このセットだけで11本のミスを出した点は課題に残った。
 西片や橋本が気を吐いた東京トヨペットだったが,終始サーブレシーブに苦しんだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇