V・チャレンジリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
927
[開催日]
2013/03/09
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
730
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:07
[試合時間]
2:07
[主審]
赤川 孝義
[副審]
黒地 忍

仙台ベルフィーユ

監督: 諸隈 英人
コーチ:
通算: 8勝8敗
3 25 第1セット
【21】
17 2
24 第2セット
【29】
26
23 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【25】
21
15 第5セット
【15】
10

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算: 7勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 KUROBEのフェイントに苦しめられましたが、中盤以降は徐々に対応でき、サーブとブロックが機能して、自分たちの形で最後は勝利することが出来ました。最終戦に向けて弾みがつけられたと思います。
 応援して下さった皆様、ありがとうございました。

25 上村
()
中野
()

(松浦)
色摩
()
17
佐々木
(アシン)
渡邉(愛)
(木村)
菅野
()
位田
(南部)
雨堤
()
渡邊(彩)
()
伊藤
()
村上
()
大内 リベロ 松田
24 上村
()
中野
(アシン)

()
色摩
()
26
佐々木
(芳賀)
渡邉(愛)
(櫻井)
菅野
(松浦)
位田
(南部)
雨堤
()
渡邊(彩)
()
伊藤
()
村上
(吉川)
大内 リベロ 松田
23 上村
(木村)
中野
()

()
色摩
()
25
佐々木
(芳賀)
アシン
(渡邉(愛))
菅野
(松浦)
位田
(南部)
雨堤
()
渡邊(彩)
()
伊藤
()
村上
()
大内 リベロ 松田
25 中野
()
アシン
()

(松浦)
色摩
()
21
上村
(木村)
渡邊(彩)
()
菅野
(古屋)
位田
()
佐々木
(芳賀)
雨堤
(渡邉(愛))
伊藤
()
村上
()
大内 リベロ 松田
15 中野
()
アシン
()

(松浦)
色摩
()
10
上村
(木村)
渡邊(彩)
(雨堤)
菅野
()
位田
(古屋)
芳賀
(大宮)
渡邉(愛)
()
伊藤
()
村上
()
大内 リベロ 松田

監督コメント

 前回のホームゲームで2連敗し、絶対に勝たなければいけないという気持ちがからまわりし、1セット目ミスが多くなってしまいました。2、3セットは少し持ち味が出せたと思いますが、4セット目とりきれない所が今のアクアの力だと思います。
 沢山の応援の期待にこたえる事が出来ず申し訳ありませんでした。明日も全力でがんばりますので応援宜しくお願いします。

要約レポート

 今リーグ、3位以下が混沌とする中、両チームが上位を狙う上で大事な一戦。
 第1セット、地元開催のKUROBEアクアフェアリーズは立ち上がりから固さが目立つ。序盤は一進一退で進むも、仙台ベルフィーユが8−8から雨堤の2本のサービスエース、中野のスパイクなどで8連続得点し、一気に流れをつかみこのセットを取る。
 第2、3セットともKUROBEは中盤にセッターを位田から松浦に代えリズムを変えた。村上、色摩のスパイクなどで得点を重ね、この2セットを連取した。
 第4セット、後がない仙台は粘り強いレシーブと、中野のスパイクなどで中盤に一気に差を広げ、そのまま粘るKUROBEを突き放しこのセットを奪い返した。
 勝負の第5セット、波にのった仙台はセット開始から渡邉(愛)のサービスエース、王のブロックなどで5連続得点し、一気にセットの主導権を握った。KUROBEも伊藤のスパイクで応戦するもこのリードを埋められず、仙台がこのセットを取りこの接戦に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新酒直幸