V・チャレンジリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
906
[開催日]
2013/02/10
[会場]
江戸川区スポーツセンター
[観客数]
810
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:43
[試合時間]
1:43
[主審]
山条 康弘
[副審]
饗庭 和恵

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 高橋 昂大
通算: 4勝8敗
1 14 第1セット
【19】
25 3
26 第2セット
【24】
24
20 第3セット
【23】
25
23 第4セット
【28】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 安藤 健太郎
通算: 11勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 前回の日立戦では高さにやられてしまいましたが、今回はその高さにどのように立ち向かい戦うかがポイントでした。。軟打などで打つ指示をしていたので、それが出来た事はよかったと思います。これからもう少し高さのチームに対しての練習を考えてやっていきたいと思います。

14 湯川
()
山田
()
松下
()
江畑
()
25
中村(早)
()
坂本
()
遠井
()
佐藤(美)
(永松)
大西
()
樋口(美)
()
高橋
()
ドリス
(佐々木)
森岡 リベロ 佐藤(あ) 伊関
26 中村(早)
()
湯川
(正村)
松下
(安井)
江畑
()
24
大西
()
山田
()
遠井
()
佐藤(美)
()
樋口(美)
()
坂本
()
高橋
()
ドリス
(佐々木)
森岡 リベロ 伊関 佐藤(あ)
20 大西
()
中村(早)
()
松下
()
江畑
()
25
樋口(美)
()
湯川
()
遠井
()
佐藤(美)
()
坂本
()
山田
()
高橋
()
ドリス
()
森岡 リベロ 佐藤(あ) 伊関
23 中村(早)
(斎藤)
湯川
()
江畑
()
佐藤(美)
()
25
大西
()
山田
()
松下
()
ドリス
()
樋口(美)
()
坂本
(川村)
遠井
(石田)
高橋
()
森岡 リベロ 伊関 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 たくさんの方々の温かい声援が力となり、勝てたことに心から感謝してます。
 今日はスタートは良かったが、2セット目リードした時のホッとした所、単調なリズム展開から相手の粘りに根負けしてしまった。
 確実に得点に結びつける意識を持ってほしい。相手の粘りと巧みなゲーム運びに波に乗り切れない点を反省し、残りの試合に頑張りたい。

要約レポート

 10勝1敗の日立リヴァーレに、現在4勝7敗と勝ち点を増やしたいJAぎふリオレーナが挑む形となる一戦。
 日立は序盤から遠井、高橋のアタックで3点リードのスタートをきる。
JAぎふはリベロ森岡らの好レシーブで粘りのあるバレーを見せ追い上げをはかる。日立は江畑の前後からのアタック、ドリスのブロックポイントなどで得点を重ね1セットを先取する。
 最後まで一進一退の攻防を繰り返すこととなった2セット目。JAぎふは森岡をはじめ全員のレシーブから大西へボールをつないで応戦するなど随所にメンバーの好プレーが光る。最後は樋口、中村の迫力の攻めでこのセットを取り返す。
 3セット目、日立は松下、高橋のサーブでJAぎふを崩し序盤からダブルスコアのリードをする。JAぎふは大西のサーブから流れを変え連続して得点を重ねる。点差を縮め長いラリーに会場を沸かせる場面もあったが、リードを保った日立が逃げ切った。
 JAぎふの4点リードから始まった第4セット。両チームともコート全員で拾い全員で攻めるといった内容にコートから目が離せない。同様に、会場の応援団も熱が入る。JAぎふは樋口、大西の決定打から先に20点に点数をあげる。日立は江畑のスパイクから勢いをつけ追い上げを見せ逆転でこのセットも取り1敗を守った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 遠藤 春枝