V・チャレンジリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
902
[開催日]
2013/02/03
[会場]
北島北公園総合体育館
[観客数]
454
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:10
[試合時間]
2:10
[主審]
大塚 春夫
[副審]
中本 浩平

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 前田 幸介
通算: 6勝5敗
2 19 第1セット
【27】
25 3
25 第2セット
【27】
21
12 第3セット
【20】
25
25 第4セット
【27】
22
12 第5セット
【17】
15

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算: 11勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 取ったセットに関しては,サーブで乱して自分たちの展開でバレーをすることができたが,取られたセットに関しては,一方的なゲーム展開となり,リズムを相手に与えてしまったところが反省点である。
 あと一歩で勝利を掴むところまできていたが,できなかったのは最後の勝負強さだと思う。もう一度鍛え直して,次の試合に向けてよい準備をしていきたい。
 たくさんのご声援ありがとうございました。

19 清水(亜)
(餅田)
川上
()
吉村
()
皆本
()
25
ロマーニャ
()
砂田
(佐藤)
庄司
()
安藤
(滝沢)
船崎
()
足立
()
土田
(丸山)
ウスティメンコ
()
岩永 リベロ
25 船崎
(砂田)
ロマーニャ
()
庄司
()
吉村
()
21
足立
()
清水(亜)
(餅田)
土田
(大内)
皆本
(東谷)
佐藤
(佐々木)
川上
()
ウスティメンコ
()
安藤
(滝沢)
岩永 リベロ
12 ロマーニャ
()
清水(亜)
()
土田
()
庄司
()
25
船崎
(札場)
川上
(栗田)
ウスティメンコ
()
吉村
()
足立
()
佐藤
(砂田)
安藤
(滝沢)
皆本
()
岩永 リベロ
25 佐藤
(佐々木)
足立
()
庄司
()
吉村
()
22
川上
()
船崎
(砂田)
土田
(丸山)
皆本
()
清水(亜)
(渡邊)
ロマーニャ
()
ウスティメンコ
()
安藤
(滝沢)
岩永 リベロ
12 清水(亜)
()
川上
()
ウスティメンコ
()
土田
(丸山)
15
ロマーニャ
()
佐藤
(佐々木)
安藤
(滝沢)
庄司
()
船崎
()
足立
()
皆本
()
吉村
(東谷)
岩永 リベロ

監督コメント

 苦しい試合展開でしたが,勝つことができてよかったです。後半戦に入り,相手チームが力をつけてきていることを感じましたので,上尾メディックスも負けずに強くなっていくよう努力したいと思います。
 徳島大会を運営していただいた関係者の方々に深く感謝いたします。
 今日も多くの応援をありがとうございました。

要約レポート

 全勝で迎えた上尾メディックスと,上位を目指すPFUブルーキャッツの一戦。
 第1セットは,11-11と一進一退の攻防を繰り返したが,上尾の庄司のサーブとウスティメンコの高い攻撃でPFUを突き放し,セットをものにした。
 第2セットは,序盤から逆にPFUの川上がサーブにアタックに破壊力を見せ,追いすがる上尾に4点差をつけてセットを取った。
 第3セットは,上尾がウスティメンコにボールを集め,高い攻撃から流れをつかみ,終盤に追いすがろうとするPFUを,上尾の皆本の多彩な攻撃で翻弄し,セットをものにした。
 第4セットは,逃げ切ろうとする上尾を,終盤PFUのセッター船崎を中心とした粘り強い攻撃と守備で,相手のミスを誘いセットを取った。
 第5セットは,終盤まで2点差の攻防が続いたが,結果的には15ー12と上尾がセットを取り,大接戦の試合をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 松浦 宏明