V・チャレンジリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
895
[開催日]
2013/01/27
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
910
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:02
[試合時間]
2:02
[主審]
戸川 太輔
[副審]
水落 浩人

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 大久保 貴史
通算: 8勝1敗
3 25 第1セット
【22】
18 1
23 第2セット
【47】
25
25 第3セット
【19】
11
25 第4セット
【25】
17
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算: 5勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目序盤からブロックとレシーブの関係が明確で終始良いムードで試合を進めることが出来た。2セット目、照明が消えるハプニングからリズムが今一つつかめず自滅してしまった。
 3セット目、サーブ効果から徐々に日立リヴァーレのリズムで試合展開が出来た。
 アウェーでのレギュラーラウンド最終戦の勝利をチーム一丸となって2巡目に繋げて頑張ります。更なる応援の程よろしくお願いします。

25 ドリス
(佐々木)
高橋
()
村上
()
吉川
()
18
佐藤(美)
()
遠井
()
位田
()
菅野
()
江畑
()
松下
(南)
色摩
()

(松浦)
佐藤(あ) リベロ 松田
23 佐藤(美)
()
ドリス
(佐々木)
村上
()
吉川
(伊藤)
25
江畑
()
高橋
()
位田
(松浦)
菅野
()
松下
()
遠井
()
色摩
()

()
佐藤(あ) リベロ 松田
25 ドリス
()
高橋
()
村上
()
吉川
(伊藤)
11
佐藤(美)
()
遠井
(伊関)
位田
(松浦)
菅野
()
江畑
()
松下
()
色摩
()

(古屋)
佐藤(あ) リベロ 松田
25 佐藤(美)
(永松)
ドリス
()
村上
()
吉川
(伊藤)
17
江畑
()
高橋
()
位田
()
菅野
()
松下
(佐々木)
遠井
(伊関)
色摩
()

(松浦)
佐藤(あ) リベロ 松田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1Leg最後の試合でしたが、 力およばずたくさんの応援の方々の期待に応えることが出来ませんでした。来週もう一度日立さんとの対戦がありますのでしっかりと戦える準備をしたいと思います。
 ホームゲームの開催にあたり、富山県バレーボール協会の方々、黒部市バレーボール協会の方々にご尽力いただきありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、立ち上がりからKUROBEアクアフェアリーズには硬さがみられ、1−4となったところで米山監督が早々にタイムアウトを取る。そこからKUROBEはリズムを取り戻し、センターの徐、村上の活躍で応戦し点差を縮めていく。しかし、日立リヴァーレは、高さのあるドリスのブロック、ジャンプ力豊富な江畑、高橋を中心にした攻撃で得点を重ね、18−15から5連続ポイントでこのセットの流れを決定づけ、そのままこのセットを先取した。
 第2セット、2−0で体育館照明が落ち20分間中断するというアクシデントがあった。ゲームの流れがどうなるか注目されたが、ゲーム再開時からKUROBEが色摩のスパイクなどで、11−5と大きくリードする。終盤、日立はドリス、高橋などの攻撃で22−22と追いつくも、そこからミスが連続し、KUROBEがこのセットを取り返した。
 第3セット、序盤から日立が一方的にリードを広げこのセットを取り返す。
 第4セット、6−7から日立が江畑、高橋のスパイクで5連続ポイントをあげ、この点差を保ってセットの終盤まで進む。KUROBEも色摩、吉川のスパイクで応戦するも、この点差を埋められず、逆に日立が4連続得点をしてこのセットを取り、この試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新酒 直幸