V・チャレンジリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
881
[開催日]
2013/01/12
[会場]
松任総合運動公園体育館
[観客数]
602
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:51
[試合時間]
1:51
[主審]
赤川 孝義
[副審]
有乗 正志

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 前田 幸介
通算: 5勝3敗
3 23 第1セット
【25】
25 1
25 第2セット
【23】
17
25 第3セット
【24】
19
27 第4セット
【30】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

仙台ベルフィーユ

監督: 諸隈 英人
コーチ:
通算: 3勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

1セット目、サーブレシーブの乱れからミスが目立ち、セットを落としてしまった。2,3セット目は、サーブで崩し取り返すことが出来た。
しかし、4セット目は、仙台の踏ん張りに苦戦したが、逆転できた事は大きな収穫となった。
ホームゲームで、たくさんの応援ありがとうございました。明日の一戦も全員で頑張ります。

23 足立
()
川上
()
中野
()
佐々木
(芳賀)
25
ロマーニャ
()
砂田
(佐々木)
上村
(木村)
渡邊(彩)
()
船崎
()
渡邊
(清水(亜))
アシン
()
櫻井
(雨堤)
岩永 リベロ 大内
25 清水(亜)
()
川上
()
中野
()
佐々木
(雨堤)
17
ロマーニャ
()
砂田
(佐々木)
上村
(木村)
渡邊(彩)
()
船崎
()
足立
()
アシン
(芳賀)
櫻井
()
岩永 リベロ 大内
25 清水(亜)
()
川上
()
中野
()
芳賀
()
19
ロマーニャ
()
砂田
(佐々木)
上村
()
渡邊(彩)
(木村)
船崎
()
足立
()
雨堤
()
櫻井
()
岩永 リベロ 大内
27 清水(亜)
()
川上
()
中野
()
佐々木
()
25
ロマーニャ
()
砂田
(佐々木)
上村
()
渡邊(彩)
(木村)
船崎
()
足立
()
アシン
(渡邉(愛))
櫻井
(雨堤)
岩永 リベロ 大内

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

リードしている場面を活かせず勝ち星を挙げることが出来なかった。
チームの課題である決定力不足の克服を目指し、一つでも多く勝ちにつなげます。明日は勝って、次のホームゲームをいい流れで迎えたいです。

要約レポート

第1セット、仙台ベルフィーユは粘りあるレシーブで流れを掴むと、上村のブロック、スパイクが次々と決まりリードする。
PFUブルーキャッツは、ロマーニャ、川上のサイド、バックからの攻撃で反撃を開始する。その後、PFUは砂田の速攻、清水(亜)の巧みな攻撃、足立のサーブポイントなどにより1点差まで迫るが及ばず、仙台がセットを奪った。
第2セット、PFUは岩永の好レシーブ、船崎の的確なトスワークにより攻撃の幅が広がり、終始リードしながら試合を進めていく。終盤になってもPFUの勢いは止まらず、セットを奪い返した。
第3セット、お互いに点を取り合う一進一退の攻防が終盤まで続く。PFUは川上の連続スパイクで抜け出すと、粘る仙台を押し切りセットを連取した。
第4セット、仙台は粘りのレシーブと中野を軸とした攻撃が冴え、マッチポイントを握るが、清水(亜)の多彩な攻撃で追いついたPFUがそのまま押し切り、地元での勝利を逆転で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森 博之