V・チャレンジリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
874
[開催日]
2012/12/02
[会場]
北本市体育センター
[観客数]
437
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:09
[試合時間]
1:09
[主審]
浅井 唯由
[副審]
中里 明啓

GSSサンビームズ

監督: 佐々木 雄司
コーチ: 笛木 彰
通算: 0勝6敗
0 12 第1セット
【22】
25 3
20 第2セット
【22】
25
11 第3セット
【19】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 前田 幸介
通算: 4勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 サーブレシーブが崩れてゲームにならなかった。
 逆にサーブが甘く、相手に思うように攻撃されていた。
 少しずつレシーブが良くなってきたが、アタッカーとセッターのコンビ、アタッカーの技術を上げないと点数を奪えないので、1月以降の試合に向けて立て直したい。 

12 重松
()
長岡
(岡崎)
船崎
()
ロマーニャ
()
25
見崎
()
小岩
()
渡邊
()
足立
()
山口
()
菊地
()
佐藤
(佐々木)
川上
()
大場 リベロ 岩永
20 重松
()
長岡
(岡崎)
渡邊
()
船崎
()
25
見崎
()
小岩
()
佐藤
()
ロマーニャ
()
山口
()
菊地
()
川上
()
足立
()
大場 リベロ 岩永
11 重松
()
長岡
()
船崎
()
ロマーニャ
()
25
見崎
()
小岩
()
渡邊
()
足立
()
山口
(岡崎)
菊地
()
佐藤
()
川上
()
大場 リベロ 餅田 岩永

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目、3セット目はサーブが走ってリードを保ったままゲームを展開すことができたが、2セット目は自分達のミスが目立った戦いとなった。
 そこを修正して次週に向けて良い準備をしていきたい。
 ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セットは、PFUブルーキャッツがGSSサンビームズをサーブで崩して主導権を握った。GSSも菊地らの攻撃で反撃をするが、PFUは佐藤らの高さを生かしたブロックでGSSを寄せ付けず、一挙に第1セットを奪った。
 第2セットに入ると、GSSは山口、長岡らの丁寧な攻撃で、11−11まで点差の開かない展開となった。しかしPFUも船崎の速いトス回しで相手ブロックを翻弄し、川上のライトからの攻撃とバックアタックに加え、要所で安達がスパイクを決めると、徐々にリードを広げ第2セットも連取した。
 第3セットも序盤5−5まではGSSも粘ったが、その後はPFUの高いブロックを攻めあぐねた。足立、川上を中心とした攻撃でPFUが一挙にリードを広げ、そのまま第3セットも制しセットカウント3−0で勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小野沢 一宏