V・チャレンジリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
871
[開催日]
2012/12/01
[会場]
北本市体育センター
[観客数]
885
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:13
[試合時間]
1:13
[主審]
小瀧 健二
[副審]
小野沢 一宏

GSSサンビームズ

監督: 佐々木 雄司
コーチ: 笛木 彰
通算: 0勝5敗
0 13 第1セット
【22】
25 3
12 第2セット
【22】
25
12 第3セット
【23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算: 5勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1・2セットは序盤こそ粘りのあるプレーで点を奪えたが、中盤以降はサーブレシーブが乱れ全くゲームにならなかった。
 サーブレシーブとブロックフォローをもう一度見直し、少しでもリズムの良い展開に持ち込めるよう明日は頑張りたい。

13 重松
()
長岡
(岡崎)
ウスティメンコ
(東谷)
土田
(三浦)
25
見崎
()
小岩
()
安藤
()
庄司
(丸山)
山口
()
菊地
()
皆本
(大内)
吉村
()
大場 リベロ 滝沢
12 重松
()
長岡
()
土田
(三浦)
庄司
(丸山)
25
見崎
()
小岩
()
ウスティメンコ
(東谷)
吉村
()
山口
(岡崎)
菊地
()
安藤
()
皆本
(大内)
大場 リベロ 滝沢
12 重松
()
長岡
()
東谷
()
土田
(有田)
25
見崎
()
小岩
()
安藤
()
丸山
()
山口
(岡崎)
菊地
()
皆本
(三浦)
吉村
(武井)
大場 リベロ 滝沢

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今リーグ最初のホームゲームを3-0で勝つことができ良かったと思います。サーブの意識を高く持って練習してきた成果を発揮する事が出来ました。途中交代で入った選手もそれぞれの役割を果たしてくれました。
 明日は年内最終のリーグ戦となりますので、しっかりと準備をして最善を尽くしたいと思います。
 今日も多くの応援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕から4連勝の上尾メディックスが地元埼玉に凱旋してGSSサンビームスと対戦した。
 第1セット、上尾はウスティメンコの強打、GSSは山口のアタックを中心とした粘りのレシーブでつなぎ、互角スタートを切った。中盤以降は上尾・吉村のサービスとバックアタックが決まり、徐々に引き離し、25-13で上尾が第1セットを取った。
 第2セットも序盤は互いに譲らず、シーソーゲームであったが、中盤以降、上尾は、庄司、安藤のアタック、ブロックで連続得点を重ね、上尾が25-12で制した。
 第3セット、流れを変えたいGSSであったが、上尾・土田のサービスで8連続ポイントを取り、そのままの勢いで、25-11で圧勝した。
 攻守にわたりGSSを圧倒した上尾がセットカウント3-0で勝利を収めホームゲームの初日を見事に飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 栗原 伸裕