V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
612
[開催日]
2013/03/24
[会場]
飯塚市第一体育館
[観客数]
2,283
[開始時間]
15:25
[終了時間]
17:42
[試合時間]
2:17
[主審]
澤 達大
[副審]
塚本 健

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 溝田 知茂
通算: 15勝13敗
2 23 第1セット
【30】
25 3
25 第2セット
【20】
20
25 第3セット
【26】
18
18 第4セット
【25】
25
18 第5セット
【24】
20

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 坂本 博秋
通算: 12勝16敗

( )内は交代選手

監督コメント

4セット目、体力・技術力を含めた総合的なスタミナが途切れたことが、勝利すべきゲームを落としたことにつながった。
 各自がいつもの課題である自分の力量を正しく認識し、更なる高みを目指し、ファイティングスピリッツを身につけることが急務である。
 セミファイナルに向けて、短い期間であるが、頑張っていきたい。
 レギュラーラウンド、最後まで熱い声援、ありがとうございました。

23 村田
(福田)
佐々木(侑)
(森田)
カナニ
(高橋)
矢野
(星野)
25

()
山口
()
竹田
(山田(真))

()
宮下
()
佐々木(萌)
()
平松
()
藤田
()
丸山 リベロ 梶原
25 山口
(川島)
福田
()
竹田
(藤原)
カナニ
(高橋)
20
宮下
()
佐々木(侑)
()
平松
(星野)
矢野
()
佐々木(萌)
()

()
藤田
()

()
丸山 野口 リベロ 梶原
25 山口
()
福田
()
カナニ
(高橋)
矢野
()
18
宮下
()
佐々木(侑)
()
竹田
(藤原)

()
佐々木(萌)
(村田)

(川島)
平松
()
藤田
(日隈)
野口 丸山 リベロ 梶原
18 山口
(卜部)
福田
(川畑)

(山田(真))
藤田
()
25
宮下
()
佐々木(侑)
()
矢野
()
平松
()
佐々木(萌)
(村田)
川島
(関)
カナニ
(高橋)
竹田
()
丸山 野口 リベロ 梶原
18 佐々木(侑)
(山口)
村田
()

(山田(真))
藤田
()
20

(森田)
宮下
()
矢野
(星野)
平松
()
佐々木(萌)
()
福田
(卜部)
カナニ
()
竹田
()
丸山 リベロ 梶原

監督コメント

 長いリーグ、たくさんの応援ありがとうございました。
 残念ながら4強には行けませんでしたが、このリーグを通じて選手達は良い経験が出来たと思います。
 次のシーズンでは、リーグの反省を活かして、今年以上の結果を目指して頑張っていきたいと思います。
 トヨタ車体を支えてくれたファンの皆様、そしてバレーができる環境に感謝したい。

要約レポート

 岡山シーガルズとトヨタ車体クインシーズのレギュラーシーズン最終戦。
 第1セット、トヨタ車体が平松の速攻、カナニの強打でリードを広げる。岡山もレシーブで粘り追い上げるが、トヨタ車体が逃げ切り、第1セットを先取した。
 中盤まで一進一退の攻防が続く第2セット。終盤、岡山福田が立て続けにスパイクを決め、セットを奪い返す。
 第3セット、勢いそのままに岡山福田のスパイク、サーブで得点を重ね、その後もリードを保ったまま、セットを連取する。
 第4セット、後がないトヨタ車体は、サーブで岡山のレシーブを崩し流れをつかむ。カナニ、平松の攻撃でリードを広げ、岡山のミスにも乗じ、このセットを奪う。
 息詰まる展開が続いた最終セットは、4度のマッチポイントをしのいだトヨタ車体が最後はサービスエースを決め、熱戦に終止符を打った。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高松 幸一