V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
610
[開催日]
2013/03/24
[会場]
鳥取県立米子産業体育館
[観客数]
2,200
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:32
[試合時間]
2:02
[主審]
西中野 健
[副審]
千代延 靖夫

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 23勝5敗
3 25 第1セット
【31】
23 1
25 第2セット
【27】
21
24 第3セット
【31】
26
25 第4セット
【24】
16
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パイオニアレッドウィングス

監督: 宮下 直樹
コーチ: 戸澤 勉
通算: 5勝23敗

( )内は交代選手

監督コメント

 パイオニアの勢いあるスパイクに押されたが、選手達が冷静に状況を判断し試合を組み立ててくれた。
 レギュラーラウンドも本日を持ち終了しましたが、28試合、多くのご声援をいただきありがとうございました。

25 杉山
()
八幡
(イエリズ)
森谷
()
服部(晃)
()
23
松浦
(張)
白垣
(内田)
浅津
(持丸)
横田
()
近江
()
島村
()
三橋
()
香野
(佐藤)
鳥越 リベロ 吉田
25 杉山
(金子)
八幡
(イエリズ)
服部(晃)
()
横田
()
21
松浦
(張)
白垣
()
森谷
()
香野
(佐藤)
近江
()
島村
()
浅津
(持丸)
三橋
()
鳥越 リベロ 吉田
24 杉山
(金子)
八幡
(イエリズ)
服部(晃)
(佐藤)
横田
(渡邉)
26
松浦
(大野)
白垣
()
森谷
()
香野
()
近江
()
島村
()
浅津
(持丸)
三橋
()
鳥越 リベロ 吉田
25 杉山
(張)
八幡
(内田)
森谷
()
服部(晃)
()
16
松浦
()
白垣
(金子)
浅津
(持丸)
横田
(服部(梨))
近江
()
島村
()
三橋
()
香野
(佐藤)
鳥越 リベロ 吉田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日のゲームの流れを今日に上手につなげてレシーブで粘り、ラリーをものにするゲームができたと思う。
 ただしそのラリーの中で、冷静さをなくしてのミスや、コンビのミスが1,2セット共に大切な場面で出てしまい、セットを落としてしまった。
 後がない3セット目では、冷静さとコンビが上手くかみ合い、ラリーをものにしてセットを取ることができた。しかし、4セット目は相手の粘りに負けてしまった。
 今日でレギュラーラウンド最後のゲームとなり、今までたくさんのファンの皆様応援ありがとうございました。残念ながらチャレンジマッチ出場になってしまいましたが、皆様の期待に応えられるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

要約レポート

 昨日連敗を止めたパイオニアレッドウィングスとレギュラーラウンド1位を決めたNECレッドロケッツ両チームの対戦。
 第1セット、両チームとも粘り強くつなぎ、終盤までもつれた展開となった。パイオニアは服部(晃)、香野のスパイクで得点を重ねるが、NECは杉山の攻撃で粘るパイオニアを振り切った。
 第2セット、中盤までもつれたものの、NECは八幡、近江、白垣にボールを集め、効果的に得点を重ね2セットを連取した。
 第3セット、終始接戦となったが、後のないパイオニアが服部(晃)、浅津を攻撃の軸として得点し、このセットを奪い返した。
 第4セット、序盤NECは、白垣のサーブで相手のレシーブを乱しリードを奪う。その後も、NECの攻守がともに機能し、パイオニアの攻撃を抑えて得点差を広げ連勝した。
 NECはこれで5連勝。対パイオニア戦を4戦全勝でレギュラーラウンドを終えた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 角田 征基