V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
607
[開催日]
2013/03/23
[会場]
大牟田市民体育館
[観客数]
2,388
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:47
[試合時間]
1:47
[主審]
塚本 健
[副審]
澤 達大

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 19勝8敗
3 27 第1セット
【31】
29 1
25 第2セット
【22】
19
25 第3セット
【23】
19
25 第4セット
【22】
17
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 15勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 たくさんの応援ありがとうございました。
今日のゲームは1セット目はシーガルズの速いコンビとフェイントやプッシュの対応ができず相手にプレッシャーを与えることができなかった。
 2セット目からは迫田を中心にゲームを組み立て、前から後からアタックが効果的に決まり出し、相手の攻撃、フェイントをしっかり対応して切り返すことができたのが勝利につながった。
 明日はレギュラーラウンドの最終戦、粘りのバレーをする。

27 小平
(峯村)
迫田
(田代)
川島
(岡野)
佐々木(萌)
()
29
二見
()
宮田
()
山口
(佐々木(侑))
宮下
()
中道
(堀川)
高田
()
川畑
(福田)

()
濱口 リベロ 丸山
25 小平
()
迫田
(田代)
川島
()
佐々木(萌)
(村田)
19
二見
()
宮田
()
山口
(岡野)
宮下
(佐々木(侑))
中道
(堀川)
高田
()
川畑
(福田)

()
濱口 リベロ 丸山 野口
25 小平
()
迫田
(田代)
川島
(卜部)
村田
()
19
二見
()
宮田
()
佐々木(侑)
()
宮下
()
中道
(堀川)
高田
()
福田
(佐々木(萌))

(吉田)
濱口 リベロ 野口 丸山
25 小平
(峯村)
迫田
()
村田
()
宮下
()
17
二見
()
宮田
(和田)

()
川島
()
中道
()
高田
()
川畑
(吉田)
佐々木(萌)
()
濱口 リベロ 丸山 野口

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 先週と同じで、流れを大きく左右する時、中心となる選手がポイントで消極的なプレーをすることが命取りになる。
セミファイナルを戦う上での大きな課題であるが、気持ちを切り替えていけば困難ではない。
調和のプレーに徹して1,2点をとれるチームを目指し仕上げていきたい。
 遠方にもかかわらず、熱いご声援を頂き、ありがとうございました。
 明日もよろしくお願いいたします。

要約レポート

 セミファイナル進出を果たした、東レアローズと岡山シーガルズのレギュラーシーズン最後の直接対決。
 序盤から一進一退の攻防が続いてデュースとなるが、終始レシーブの安定した岡山が東レの攻撃を守りきって、第1セットを先取。
 第2セット、流れをつかんだ岡山が、開始直後からリードする展開になったが、東レも迫田の打点の高い強烈なスパイクが炸裂して粘りをみせる。徐々に攻撃のリズムをつかんだ東レが逆転し、試合を振り出しに戻した。
 第3セットも奪った東レは第4セット、この日一番の長いラリーをものにし、守りのリズムもつかんで終始攻め続けて連取した。
 東レが岡山を振り切って勝利し、レギュラーシーズン最後の直接対決に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒木 政光