V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
606
[開催日]
2013/03/23
[会場]
コカ・コーラウエストスポーツパーク県民体育館 <鳥取県立布勢総合公園>
[観客数]
2,100
[開始時間]
16:10
[終了時間]
18:42
[試合時間]
2:32
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
西中野 健

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 22勝5敗
3 20 第1セット
【26】
25 2
28 第2セット
【33】
26
25 第3セット
【26】
18
19 第4セット
【25】
25
26 第5セット
【30】
24

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 野中 俊英
通算: 20勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最後までどちらに転ぶかわからない試合でしたが、集中力を切らさず選手が頑張ってくれました。
 しかしながら、久光の座安選手を中心としたレシーブは素晴らしく、それに負けないとするNECにも刺激となりました。明日は、レギュラーラウンドの最終戦となりますが、チーム一丸となり戦います。

20 島村
()
内田
()
石橋
()
新鍋
()
25
松浦
(秋山)
イエリズ
(白垣)
長岡
()
古藤
()
近江
()
大野
(金子)
石井
()
水田
()
鳥越 リベロ 座安
28 杉山
(金子)
内田
(八幡)
新鍋
()
古藤
()
26
松浦
(秋山)
白垣
(イエリズ)
石橋
()
水田
()
近江
()
島村
()
長岡
()
石井
()
鳥越 リベロ 座安
25 杉山
(大野)
八幡
()
石橋
()
新鍋
()
18
秋山
(白垣)
イエリズ
(松浦)
長岡
(石田)
古藤
()
近江
()
島村
()
石井
()
水田
()
鳥越 リベロ 座安
19 杉山
(金子)
八幡
(内田)
新鍋
()
古藤
()
25
秋山
()
イエリズ
(白垣)
石橋
()
水田
(筒井(視))
近江
()
島村
()
石田
()
石井
(村田)
鳥越 リベロ 座安
26 島村
()
内田
(張)
新鍋
()
古藤
()
24
秋山
(白垣)
イエリズ
()
石橋
()
水田
()
近江
()
大野
(金子)
石田
()
石井
(狩野)
鳥越 リベロ 座安

監督コメント

 最後は紙一重の勝負となったが、今日の勝敗を左右したのはやはり2セット目である。このセットを、逃げ切れなかったことが敗因となった。
 しかしながら、各選手は最後まであきらめず戦ってくれた。この一戦を明日につながるものとして、残りのリーグを戦っていきたいと思う。
 本日は最後まで盛大なご声援ありがとうございました。

要約レポート

 レギュラーラウンド1位の座をかけて、1位のNECレッドロケッツと2位久光製薬スプリングスの直接対決。
 第1セット、両チーム粘り強いレシーブで一進一退の攻防を見せたが、石井がアタックにブロックに活躍し、久光製薬が先取した。
 負けられないNECは第2セットより杉山を投入。中盤にはイエリズも投入し、第2、第3セットを取り返す。
 第4セット、久光製薬は、石田にトスを集め、反撃開始。その石田の活躍で序盤から大きく引き離し、そのまま久光製薬が取った。
 運命の最終セット、意地と意地のぶつかり合いは互いに譲らず、終盤までもつれる展開。NECイエリズの気迫溢れるアタックに、久光製薬は石田、新鍋、石井で応戦。互いに譲らない長いデュースの末、最後はイエリズがアタックを決め、NECが26‐24で壮絶な試合に終止符を打った。
 この結果、NECがレギュラーラウンド1位を決めた。久光製薬はNECに対し4連敗となり、悔しさの残る試合となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 岡本 功