V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
587
[開催日]
2013/03/03
[会場]
諫早市中央体育館
[観客数]
2,200
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:20
[試合時間]
1:20
[主審]
田野 敏彦
[副審]
中馬 義郎

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 野中 俊英
通算: 16勝6敗
3 25 第1セット
【27】
20 0
25 第2セット
【25】
22
25 第3セット
【22】
14
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 14勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

"継続”がチームの重要課題であったが、この2日間、それを達成することができた。選手個々が自分の役割を理解し、実行したことが結果に繋がった。技術面では終始、サーブで崩してブロックで得点という理想的な展開に持っていくことができた。ディフェンス面でも、座安を中心に安定したサーブレシーブ、ラリー中のフォローを徹底することができた。本日のような試合を4Leg通して継続できるよう、更なるチーム強化を図っていきたい。昨日に引き続き、熱いご声援をありがとうございました。

25 平井
()
石井
()
高田
(峯村)
中道
(田代)
20
古藤
()
長岡
()
宮田
()
荒木
()
新鍋
()
岩坂
()
迫田
()
小平
(堀川)
座安 リベロ 濱口
25 石井
()
長岡
()
峯村
(高田)
中道
(堀川)
22
平井
()
岩坂
()
宮田
()
荒木
()
古藤
()
新鍋
()
迫田
(田代)
小平
()
座安 リベロ 濱口
25 平井
()
石井
()
高田
(峯村)
中道
(田代)
14
古藤
()
長岡
()
宮田
(和田)
荒木
()
新鍋
()
岩坂
(石橋)
迫田
()
小平
()
座安 リベロ 濱口

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

たくさんの応援ありがとうございました。今日は効果的なサーブが打てず、久光製薬さんのサーブレシーブがしっかり返っていた。また、アタックを止めることがでなかった。特に長岡選手にいいようにアタックを決められてしまい、相手にとって楽な展開にさせてしまった。また、新鍋選手のサーブで連続得点をしてしまい、一気に離されてしまったこと、相手が逃げてきたアタックを拾えなかったり、レシーブの位置なども悪かったりして、ディフェンス面で機能しなかったのが敗因。

要約レポート

両チームともレギュラーラウンド1位通過に向け負けられない一戦。第1セット、久光製薬スプリングスは序盤から効果的なサーブと粘り強いレシーブでペースをつかむ。東レアローズは荒木、迫田を中心に反撃するも石井、岩坂のブロックで得点し久光製薬が先取する。第2セットは、終盤まで一進一退の攻防が続く。東レは迫田、荒木にボールを集め反撃するも、22−23から岩坂、新鍋の連続ブロックで久光製薬が連取する。第3セット、序盤から長岡の連続ブロックや石井のスパイクが決まり、最後は、岩坂のブロックで久光製薬が逃げ切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 馬場 秀樹