V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
580
[開催日]
2013/02/24
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
1,782
[開始時間]
15:40
[終了時間]
17:53
[試合時間]
2:13
[主審]
江下   毅
[副審]
西中野 健

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 12勝8敗
2 25 第1セット
【28】
21 3
25 第2セット
【29】
22
11 第3セット
【22】
25
20 第4セット
【27】
25
9 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 13勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

今シーズン初のフォーメーションで1・2セット連取したが、3・4・5セット目、身体か精神面のかげりからか詰めが甘くなり、悔いが残った。
2日間、大変寒い中、熱いご声援を繰り広げてくれた皆様に感謝いたします。
ホームゲームで心機一転戦いたいと思います。

25 佐々木(侑)
()
村田
()
高田
(堀川)
中道
(田代)
21
山口
()
宮下
(川島)
宮田
()
荒木
()
川畑
(森田)
福田
()
迫田
()
小平
(峯村)
野口 丸山 リベロ 濱口
25 佐々木(侑)
()
村田
(吉田)
高田
()
中道
(堀川)
22
山口
()
宮下
()
宮田
(二見)
荒木
()
川畑
(栗原)
福田
(佐々木(萌))
迫田
(田代)
峯村
(小平)
丸山 野口 リベロ 濱口
11 佐々木(侑)
(川島)
村田
(佐々木(萌))
荒木
()
小平
()
25
山口
(関)
宮下
(森田)
中道
(堀川)
迫田
(田代)
川畑
()
福田
(吉田)
高田
()
二見
()
野口 丸山 リベロ 濱口
20
()
福田
()
荒木
()
小平
(峯村)
25
佐々木(侑)
(森田)
宮下
(川島)
中道
(堀川)
迫田
(田代)
佐々木(萌)
(村田)
山口
()
高田
()
二見
()
丸山 野口 リベロ 濱口
9 山口
()
村田
()
高田
()
中道
(堀川)
15
宮下
()
福田
(吉田)
二見
()
荒木
()
佐々木(萌)
()

(佐々木(侑))
迫田
(田代)
小平
()
野口 丸山 リベロ 濱口

監督コメント

2日間ホームゲームに寒い中来ていただきありがとうございました。
今日はシーガルズさんがいつもと違うメンバーできて速いバレーに全く対応出来ず、こちらのレシーブも乱れ、リズムが作れず2セット連取されたが、昨日に続き追い込まれてからブロックとレシーブが機能し、粘りのバレーが出来た。レフトのアタッカーの高田、小平がアタックを連続で決め、フルセットを勝つことが出来ました。
たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

第1セット、東レアローズは荒木、宮田の速い攻撃、一方岡山シーガルズは村田、川畑のサイドからの攻撃を軸に試合を進めていく。岡山は山口の巧みな攻撃で点を重ねリードすると、そのままこのセットを奪った。
第2セット、岡山は安定したレシーブから自分たちのリズムを作り、佐々木(侑)のライトからの攻撃、福田のサーブポイントなどで着実に点を重ね、セットを連取した。
第3セット、東レは小平、高田の活躍により本来の形を取り戻し、セットを取り返した。
第4セット、岡山は福田のサイドからの攻撃により優位に中盤まで試合を進めていく。東レは粘り強いレシーブにより追いつき逆転し、フルセットに持ち込んだ。
最終セット、東レは序盤から迫田、小平の攻撃が冴えリードする。岡山は佐々木(萌)、村田の攻撃で反撃するも及ばず、東レが逆転で勝利しホームゲームを連勝で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森 博之