V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
576
[開催日]
2013/02/23
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
2,215
[開始時間]
16:55
[終了時間]
19:11
[試合時間]
2:16
[主審]
西中野 健
[副審]
江下   毅

パイオニアレッドウィングス

監督: 宮下 直樹
コーチ: 戸澤   勉
通算: 3勝16敗
2 25 第1セット
【27】
23 3
23 第2セット
【30】
25
26 第3セット
【30】
24
18 第4セット
【24】
25
8 第5セット
【13】
15

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 12勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

スタートからレシーブからのコンビバレーが出すことが出来て1セット目をとり、2セットもそのリズムを崩さずスタートできたが後半に相手に追いつかれて取られてしまった。
3セット目はお互い点数の取り合いで流れがつかめなかったがサーブでリードしてセットを取った。
4セット目は相手の速さのバレーに惑わされてしまった。
最終セット気持ちを入れ替えて臨んだが自分たちのミスが目立ち敗れてしまった。
チームとしてのまとまりは少しずつ良くなってきていると思う。しかし耐える時にミスが出てしまっているので、その点を直し明日の試合に臨みたい。
応援ありがとうございました。

25 三橋
()
浅津
()
峯村
()
田代
(中道)
23
香野
()
森谷
(持丸)
宮田
()
荒木
()
横田
(服部(梨))
スタエレンス
(佐藤)
迫田
()
小平
(堀川)
吉田 リベロ 濱口
23 三橋
()
浅津
()
峯村
()
田代
(中道)
25
香野
()
森谷
(持丸)
宮田
()
荒木
()
横田
()
スタエレンス
(佐藤)
迫田
()
小平
(高田)
吉田 リベロ 濱口
26 三橋
()
浅津
()
峯村
(小平)
中道
(田代)
24
香野
()
森谷
(佐藤)
宮田
()
荒木
()
横田
()
スタエレンス
(持丸)
迫田
()
高田
()
吉田 リベロ 濱口
18 香野
(持丸)
三橋
()
高田
(木村)
中道
(田代)
25
横田
()
浅津
()
宮田
(二見)
荒木
()
スタエレンス
(佐藤)
森谷
()
迫田
()
小平
(峯村)
吉田 リベロ 濱口
8 森谷
()
スタエレンス
(佐藤)
高田
()
中道
()
15
浅津
()
横田
()
二見
()
荒木
()
三橋
()
香野
(持丸)
迫田
()
小平
(峯村)
吉田 リベロ 濱口

監督コメント

ホームゲームということでたくさんの応援をいただきありがとうございました。
1セット目はパイオニアのスタエレンス選手と浅津選手を中心にアタックを止めることができず、セットを取られてしまう。
2セット目の途中から高田が入りキレのあるアタックで流れを作りセットを取ることができたが、3セット目はサーブレシーブの乱れからアタックミスが続き取られてしまった。
4セット目からはブロックから攻め、ポイントを取り荒木のアタック、ブロックでセットを取る。
5セット目は迫田のアタックが決まり、一気に流れを作った。4セット目から迫田の調子が上がりアタックが決まり出したのが勝因である。

要約レポート

第1セット序盤、パイオニアレッドウィングスは三橋のサーブ、スタエレンスのスパイクが決まりリードする。東レアローズは宮田のサーブポイントで逆転するが、パイオニアは浅津、スタエレンスのサイドからの攻撃が決まり、再逆転してセットを奪った。
第2セット、パイオニアは三橋がスパイク、ブロックを連続して決めるなど好調を維持し、中盤まで優位に試合を進めていく。東レは荒木、宮田の速い攻撃などで追いつき逆転する。その後は点を取り合う白熱した展開となったが、最後は東レ高田の切れのあるスパイクが決まり東レがセットを取り返した。
第3セット、両者譲らない展開が中盤まで続く。パイオニアは三橋の連続サーブポイントで抜け出すと、粘る東レを振り切りセットを奪った。
第4セット、東レは迫田のスパイクが効果的に決まり、フルセットに持ち込んだ。
最終セット、東レは中道の的確なトスワークにより迫田、小平の攻撃が次々に決まり、スタエレンスの攻撃で反撃するパイオニアを振り切り、ホームゲームを接戦で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森 博之