V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
574
[開催日]
2013/02/23
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
2,800
[開始時間]
16:55
[終了時間]
19:08
[試合時間]
2:13
[主審]
明井 寿枝
[副審]
村上 成司

デンソーエアリービーズ

監督: 達川 実
コーチ: 辻 健志
通算: 6勝13敗
2 21 第1セット
【27】
25 3
13 第2セット
【20】
25
26 第3セット
【29】
24
25 第4セット
【29】
23
12 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 15勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1,2セット目の劣勢から立て直し、フルセットまで持って行けたが、最後に受け身になった事でのミスが出てしまった。
 良い部分を明日に繋げていき、ポイントでの修正点を整理して臨みたい。
 勝利から遠ざかっていますが、応援していただける方々に感謝し、精一杯頑張りますので、宜しくお願いいたします。

21 井上(香)
()
鍋谷
()
大野
()
近江
()
25
熊谷
(井上(奈))
イヴァナ
(泉岡)
イエリズ
()
松浦
(白垣)
鈴木
()
大竹
()
内田
(張)
島村
(杉山)
真柴 江口 リベロ 鳥越
13 井上(香)
(山田)
鍋谷
()
大野
(金子)
近江
(八幡)
25
熊谷
(栄)
イヴァナ
()
イエリズ
()
松浦
(張)
鈴木
(石井)
大竹
()
内田
()
島村
()
江口 真柴 リベロ 鳥越
26 井上(香)
()
鍋谷
()
大野
()
近江
()
24
熊谷
(井上(奈))
イヴァナ
()
イエリズ
()
松浦
(張)
鈴木
()
大竹
()
内田
(白垣)
島村
()
真柴 リベロ 鳥越
25 井上(香)
(山田)
鍋谷
()
大野
()
近江
()
23
熊谷
()
イヴァナ
(泉岡)
イエリズ
(白垣)
松浦
(渡辺)
鈴木
()
大竹
()
内田
(八幡)
島村
(杉山)
真柴 リベロ 鳥越
12 井上(香)
()
鍋谷
()
大野
(張)
近江
()
15
熊谷
(井上(奈))
イヴァナ
()
イエリズ
()
松浦
()
鈴木
()
大竹
()
内田
(白垣)
杉山
(島村)
真柴 リベロ 鳥越

監督コメント

 セッターの松浦を軸にバランスの良い攻撃を仕掛けられたことで、全体の動きがスムーズで良いゲーム展開となりました。
 明日も気を引き締め、多くの声援に応えていきたいと思います。

要約レポート

 第1セット、第2セットとも要所でのミスで流れのつかめないデンソーエアリービーズに対してNECレッドロケッツは内田の強打、イエリズのバックアタック、杉山のブロード攻撃などで優位に試合を進めセットを連取。
 後がないデンソーは、イヴァナを中心とした攻撃の組立でリズムを作り、NECもイエリズにボールを集め、このセットは両外国人の打ち合いで主導権争いを繰り広げる。終盤まで一進一退の攻防が続きデュースとなる好ゲームとなった。最後はデンソーがイヴァナの連続サービスエースでこのセットをものにした。
 続く第4セット、流れを掴んだデンソーは、食い下がるNECを苦しい場面でイヴァナの強打で突き放し、最後は鍋谷のスパイクでフルセットに持ち込んだ。
 ファイナルセットも接戦となった。2点リードでコートチェンジのデンソーであったが、NECは近江、イエリズの強打で逆転。これに対しデンソーはイヴァナにボールを集めるもブロックに阻まれ10点の大台を先に越され劣勢なった。NECは張のサービスエースなどでマッチポイントを先にとるも、デンソーは鍋谷が連続ポイントで粘る。しかし、最後はNEC杉山のスパイクが決まりNECがホームで勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 坂梨 欣哉