V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
566
[開催日]
2013/02/09
[会場]
ベイコム総合体育館<尼崎市記念公園>
[観客数]
3,200
[開始時間]
15:35
[終了時間]
17:42
[試合時間]
2:07
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
三見 洋子

JTマーヴェラス

監督: 石原 昭久
コーチ: 尾﨑 侯
通算: 3勝14敗
2 20 第1セット
【24】
25 3
20 第2セット
【24】
25
25 第3セット
【29】
21
25 第4セット
【23】
17
9 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 坂本 博秋
通算: 8勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1,2セット目、ディフェンスが機能せず自分達のペースがなかなかつかめずセットを取られてしまった。
 3セット目以降は、オフェンスとディフェンス共に機能しだしフルセットまでいったが、やはり大事な場面での1本のパスの大切さを改めて感じさせられた試合であった。
 ホームゲームでもありたくさんの応援、本当にありがとうございました。

20 大友
(上屋敷)
ヤネヴァ
()
山田(真)
()
衛藤
(星野)
25
山口
(早坂)
谷口
()
竹田
()
カナニ
()
吉澤
(千葉)
芥川
(石川)
矢野
()
藤田
()
井上 リベロ 梶原
20 大友
()
ヤネヴァ
()
山田(真)
()
衛藤
(星野)
25
山口
(早坂)
谷口
()
竹田
()
カナニ
(高橋)
吉澤
(千葉)
芥川
(石川)
矢野
()
藤田
(眞)
井上 リベロ 梶原
25 大友
()
石井
()
山田(真)
()
衛藤
(星野)
21
山口
(早坂)
谷口
()
竹田
(藤原)
カナニ
(高橋)
ヤネヴァ
(千葉)
石川
()
矢野
()
藤田
()
井上 リベロ 梶原
25 大友
()
石井
()
山田(真)
()
衛藤
(星野)
17
山口
()
谷口
()
竹田
()
カナニ
(高橋)
ヤネヴァ
(千葉)
石川
()
矢野
()
藤田
()
井上 リベロ 梶原
9 大友
()
石井
(吉澤)
山田(真)
()
衛藤
(星野)
15
山口
()
谷口
()
竹田
()
カナニ
()
ヤネヴァ
(千葉)
石川
()
矢野
()
藤田
()
井上 リベロ 梶原

監督コメント

 1,2セット、ブロックとレシーブの関係が機能し、サーブで相手を崩す事が出来た。
 3セット目以降、サーブレシーブが逆に崩され、単調な攻撃になり、セットを失った。
 5セット目は、カナニ、山田の活躍で勝利する事ができました。
 明日もたくさんの応援よろしくお願いします。

要約レポート

 現在5位で4強入りに望みをつなぐトヨタ車体クインシーズと、ホームゲームで何としても白星の欲しいJTマーヴェラスの試合は、両チーム共にリベロを中心に強打やフェイントを良く拾い合う長いラリーが随所に見られ、満員の会場のファンを大いに魅了した。
 第1,第2セットはトヨタ車体がカナニのバックアタックを織り交ぜた強打や、キャプテン竹田の活躍で連取した。
 第3,第4セットはJTの動きが良くなり、トヨタ車体の強打をコースを読んで良く拾い、谷口のライト攻撃、ヤネヴァの強打、大友の速攻、キャプテン石川の活躍でJTが2セットを取り返し、勝負はファイナルセットにもつれ込んだ。
 第5セット、トヨタ車体カナニとJTヤネヴァの強打の打ち合いが続いたが、トヨタ車体は山田のライト攻撃や藤田のサービスエースが出るなど勢いを取り戻しトヨタ車体が粘るJTを振り切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 赤井 倫大