V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
562
[開催日]
2013/02/03
[会場]
所沢市民体育館
[観客数]
1,530
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:18
[試合時間]
2:18
[主審]
村上 成司
[副審]
高橋 宏明

パイオニアレッドウィングス

監督: 宮下 直樹
コーチ: 戸澤 勉
通算: 1勝15敗
2 27 第1セット
【30】
25 3
22 第2セット
【27】
25
22 第3セット
【27】
25
25 第4セット
【27】
21
10 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 13勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日のゲームからの悪いムードを引きずらないで今日のゲームに臨めたと思う。ゲーム全体を通して勝負がかかる場面でのミスが目立っていたが、耐える力がついてきたと思う。
 セッターの怪我というトラブルで3人入れ替わったが、やっとコンビが合ってきて、ゲームの中でレシーブを生かして点数を取る場面が多くなった。ゲームを通して成長してきたものを生かして、今後の試合につなげて勝利していきたいと思う。
 本日も応援ありがとうございました。前向きに明るく頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

27 香野
(佐藤)
スタエレンス
(持丸)
松浦
(張)
杉山
(金子)
25
横田
(服部(梨))
浅津
()
内田
()
近江
()
三橋
()
森谷
()
島村
()
白垣
(イエリズ)
吉田 リベロ 鳥越
22 森谷
(佐藤)
スタエレンス
()
内田
()
松浦
(張)
25
横田
()
浅津
(持丸)
島村
()
杉山
(金子)
三橋
()
香野
()
イエリズ
(白垣)
近江
()
吉田 リベロ 鳥越
22 スタエレンス
(佐藤)
浅津
()
内田
()
松浦
(張)
25
森谷
()
香野
()
島村
()
杉山
(金子)
横田
(服部(梨))
三橋
(服部(晃))
白垣
(イエリズ)
近江
()
吉田 リベロ 鳥越
25 スタエレンス
()
浅津
()
内田
(白垣)
松浦
(張)
21
森谷
(佐藤)
香野
(渡邉)
島村
()
杉山
(金子)
横田
(服部(梨))
服部(晃)
()
イエリズ
()
近江
()
吉田 リベロ 鳥越
10 スタエレンス
(佐藤)
浅津
()
島村
()
近江
()
15
森谷
()
香野
()
イエリズ
(金子)
松浦
(張)
横田
()
服部(晃)
(持丸)
内田
()
杉山
()
吉田 リベロ 鳥越

監督コメント

 パイオニアの気迫あるプレーに非常に苦しめられましたが、最後は集中力を保つことができました。
 最終セットのピンチサーバーとして起用した金子のサーブが効果的であり、勝利に導いてくれたと思います。
 来週も気持ちでは負けない試合を心掛けたいと思います。今日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 スタエレンスのスパイク、連続サーブポイントで勢いに乗ったパイオニアレッドウィングスが、現在1位のNECレッドロケッツを苦しめる形でゲームはスタートした。中盤にNECが追いつくとジュースへもつれ込んだが、香野のサーブポイントでパイオニアがセットをとった。
 第2セットも序盤は一進一退の展開が続いた。中盤パイオニアが一時は4点差をつけてリードしたものの、NECも内田・近江の切れのあるスパイクなどで逆転し、セットを奪い返した。
 第3セットも中盤からNECが抜け出ると、そのままNECが連取した。 第4セットは逆にパイオニアが先行する形でゲームが進んだ。思い切り打ち込む服部(晃)の切れのあるスパイクが冴え、フルセットへともつれ込んだ。最終セットも白熱したゲームとなり、両チームとも見応えのあるプレーが随所に見られた。8−7でチェンジコートをした後、NECがイエリズの連続ブロックでリードすると、パイオニアも全力で粘りを見せるが、内田の巧みな攻撃でNECが熱戦に終止符を打った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小野沢 一宏