V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
561
[開催日]
2013/02/03
[会場]
所沢市民体育館
[観客数]
1,490
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:20
[試合時間]
1:20
[主審]
大塚 達也
[副審]
浅井 唯由

JTマーヴェラス

監督: 石原 昭久
コーチ: 北原 勉
通算: 3勝13敗
0 17 第1セット
【22】
25 3
22 第2セット
【26】
25
22 第3セット
【26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 12勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の久し振りの勝利から波に乗っていたところであったが、今日も自分たちから先にミスを出し、後から追い上げても逃げ切られるという試合となってしまった。
 レギュラーラウンド前半戦に比べ、攻撃そのものの改善が少しずつ効果を出してきている一面もある。
 今後は、ディフェンスによって攻撃チャンスをさらに増やし、得点率を高めることで、もっと良い結果を出していきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

17 大友
()
千葉
(ヤネヴァ)
川島
()
福田
()
25
山口
()
谷口
()
佐々木(侑)
()
宮下
()
吉澤
()
石川
(芥川)
栗原
()

()
井上 リベロ 丸山
22 ヤネヴァ
()
谷口
()
川島
()
福田
()
25
大友
(上屋敷)
芥川
(西山)
佐々木(侑)
()
宮下
()
山口
(早坂)
吉澤
()
栗原
(佐々木(萌))

()
井上 リベロ 丸山
22 大友
()
ヤネヴァ
()
川島
()
佐々木(萌)
(川畑)
25
山口
(早坂)
谷口
()
佐々木(侑)
()
宮下
()
吉澤
(千葉)
芥川
(上屋敷)
福田
()

(吉田)
井上 リベロ 丸山

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1、2セットはどちらが勝者になってもおかしくないゲーム展開で、中盤以降、昨日の勝利に満足することなく1点にこだわった姿勢が3−0という力以上の勝利に結びついた。
 3Legの第2戦を勝利できたことはホームゲームを迎えるにあたってファンの方々の更なる熱い応援を期待できる起爆剤となったと思う。
 これからまだまだ厳しい戦いが続くが、皆様の熱い思いで後押ししていただき、戦い抜いていきたい。
 本日は多くのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日の熱戦を制した勢いのまま連勝し、首位を奪回したい岡山シーガルズと、同じく昨日の逆転劇で波に乗ってきたJTマーヴェラスとの対戦となった。
 岡山はリベロ丸山を中心とした正確なレシーブから速い攻撃を次々決め、序盤から隙のないバレーを展開した。
 対するJTはヤネヴァを1セット目からから攻撃の柱とし、高さで攻めるが、岡山の守りの技術力に封じこめられてしまう。中盤になってようやく吉澤、谷口らのサイドからの鋭いスパイクで本来の力を見せリードを奪う場面もあった。しかし、反撃もつかの間、ミスの少ない岡山が宮下の多彩なトスワークで終始主導権を握り、ストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 中里 明啓