V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
556
[開催日]
2013/01/27
[会場]
刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
1,810
[開始時間]
16:00
[終了時間]
17:22
[試合時間]
1:22
[主審]
田野 敏彦
[副審]
浅井 唯由

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 坂本 博秋
通算: 5勝9敗
0 22 第1セット
【27】
25 3
22 第2セット
【25】
25
15 第3セット
【24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 10勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2日間たくさんの応援ありがとうございました。
 1セット目からチームに硬さがみられサーブレシーブが崩されリズムに乗ることが出来なかった。2セット目以降も相手のペースで流れをつかむことが出来なかった。
 ホームゲームで2連敗の結果でご期待に添えず、応援してくださった方々に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 来週は気持ちを切り替えて、3レグに臨みたいと思います。

22 藤田
()
矢野
(星野)
川島
()
福田
(佐々木(萌))
25
カナニ
()
竹田
(藤原)
佐々木(侑)
(森田)
宮下
(川畑)
衛藤
()
山田(真)
()
栗原
()

(山口)
梶原 リベロ 丸山
22 藤田
()
矢野
(星野)
川島
()
栗原
(佐々木(萌))
25
カナニ
()
竹田
(高本)
佐々木(侑)
(森田)
宮下
(福田)
衛藤
()
山田(真)
()
川畑
()
山口
()
梶原 リベロ 丸山
15 藤田
(日隈)
矢野
()
川島
()
川畑
()
25
カナニ
(高橋)
高本
()
佐々木(侑)
()
宮下
(岡野)
衛藤
()
山田(真)
()
栗原
(佐々木(萌))
山口
(吉田)
梶原 リベロ 丸山

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 山口選手が復帰2戦目で要所要所を締めることによってチームに締りが出た。力の差を越えた3-0での勝利となった。
 これから更に上を目指す上で一人一人が自分の武器を生かす為の努力を積み重ねていきたい。
 2レグ最後の試合を勝利できたのも遠方よりの熱いファンの応援の賜物です。後半戦もよろしくお願いします。
 本日も多くのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 岡山シーガルズが効果的なサーブでトヨタ車体クインシーズを苦しめ,安定感のあるレシーブと落ち着きのある攻撃陣の活躍で思い通りのバレーを展開した。
 第1セットは序盤に栗原のアタックとブロック,そしてサービスエースも飛び出して8−5と主導権を握った。中盤はブロックとサーブで2点ずつ取り16−11としたが,それまでにチームのアタックポイントが4点しかない珍しい展開となった。終盤トヨタ車体のレフトからの攻撃で追い上げられたが,追いつかれることはなかった。
 第2セットは6−4から佐々木(侑)がカナニをブロックしたことが大きかった。カナニはこのセット,アタックポイントは3点にとどまった。
 第3セットもサーブで相手を崩し,完全に主導権を手中に収めた。このセットもカナニを徹底マークし,彼女に1本しかアタックを決めさせなかった。このエース封じはとてもうまくいった。
 トヨタ車体は終始サーブレシーブに苦しみ,攻撃が単調になってしまった点が悔やまれた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇