V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
553
[開催日]
2013/01/27
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
1,200
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:56
[試合時間]
1:56
[主審]
北村 友香
[副審]
澤 達大

パイオニアレッドウィングス

監督: 宮下 直樹
コーチ: 戸澤 勉
通算: 1勝13敗
1 25 第1セット
【23】
19 3
18 第2セット
【25】
25
22 第3セット
【29】
25
25 第4セット
【30】
27
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 9勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日のゲームと今日のゲーム、同じような展開で破れてしまった。
 チームとしては先週少しずつまとまり、良くなっていると思う。
 しかし、今週の2試合でもレシーブの粘りは負けてないが、ミスの数や攻撃面での工夫が課題となった。
 2セット目から最後のセットまで勝負どころでのミスをなくし、攻撃で点数をとる、この部分が相手チームに負けていた結果、勝利を収める事ができなかった。
 リーグの後半戦この課題をクリアして臨みたい。
 応援ありがとうございました。

25 スタエレンス
()
浅津
()
高田
()
田代
()
19
香野
()
森谷
()
二見
()
荒木
(峯村)
横田
()
服部(晃)
(三橋)
迫田
()
小平
()
吉田 リベロ 濱口
18 浅津
(持丸)
森谷
()
高田
()
田代
(堀川)
25
スタエレンス
(佐藤)
三橋
()
二見
(宮田)
荒木
()
香野
()
横田
()
迫田
()
小平
(木村)
吉田 リベロ 濱口
22 スタエレンス
(持丸)
浅津
()
高田
()
田代
(堀川)
25
森谷
(佐藤)
香野
()
二見
(和田)
荒木
()
横田
()
服部(晃)
(三橋)
迫田
()
小平
(峯村)
吉田 リベロ 濱口
25 スタエレンス
(佐藤)
浅津
(渡邉)
高田
()
田代
(堀川)
27
森谷
()
香野
(持丸)
和田
(二見)
荒木
()
横田
()
三橋
()
迫田
()
小平
(木村)
吉田 リベロ 濱口

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 寒い中、会場に足を運んでいただきありがとうございます。
 1セット目、出だしで一気に5点を取り、波に乗れるかと思ったが、パイオニアのスタエレンス選手の高いアタックを止めることができず、逆転されセットを取られてしまった。
 2セット目からはサーブレシーブからなかなか決められなかったが、ブロックとレシーブで粘って1点を積み重ねてセットを取る事ができた。
 3セット目は相手のフェイントを拾えず苦戦したが、要所で迫田が決め、セットを取ることができた。
 4セット目はジュースまでもつれたが、最後は高田のアタックで勝利をものにした。
 応援ありがとうございます。

要約レポート

 2勝目を手に入れたいパイオニアレッドウィングスと東レアローズの一戦は、手に汗握る好ゲームとなった。
 第1セット、東レは序盤から高田のスパイクやサービスエースによりリードするが、パイオニアはスタエレンス、服部、林の活躍で逆転し先取する。
 第2セット、第3セットは東レが迫田、高田、小平のスパイク、荒木のブロックにより連取しセットカウントを2対1とする。
迎えた第4セット、東レが中盤までにリードを奪う。しかしパイオニアも粘り強いゲーム展開によりジュースに持ち込んだ。
 両チーム一歩も譲らないシーソーゲームの末、最後は迫田、高田の活躍で東レが2時間に及ぶ熱闘を制した。。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 山本 由朗