V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
545
[開催日]
2013/01/20
[会場]
西尾市総合体育館
[観客数]
1,280
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:54
[試合時間]
1:54
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
明井 寿枝

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 坂本 博秋
通算: 5勝7敗
3 24 第1セット
【28】
26 1
25 第2セット
【24】
17
25 第3セット
【28】
22
25 第4セット
【25】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パイオニアレッドウィングス

監督: 宮下 直樹
コーチ: 戸澤 勉
通算: 1勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 苦しい展開でしたが,代わった選手がうまく流れを繋ぎ2連勝する事ができました。
 これも2日間に渡りたくさんの応援があったからだと思います。来週はホームゲームなのでこの勢いをうまく繋げていきたいと思います。

24 竹田
()
山田(真)
()
香野
()
服部(晃)
()
26
矢野
()
衛藤
(星野)
横田
()
浅津
(持丸)
藤田
()
カナニ
()
スタエレンス
(渡邉)
森谷
(佐藤)
梶原 リベロ 吉田
25 山田(真)
()
衛藤
()
香野
()
服部(晃)
(三橋)
17
竹田
(藤原)
カナニ
(高橋)
横田
(渡邉)
浅津
()
矢野
()
藤田
(眞)
スタエレンス
()
森谷
(佐藤)
梶原 リベロ 吉田
25 竹田
(藤原)
山田(真)
()
香野
()
服部(晃)
()
22
矢野
()
衛藤
(星野)
横田
(服部(梨))
浅津
()
藤田
()
カナニ
(高橋)
スタエレンス
(渡邉)
森谷
(佐藤)
梶原 リベロ 吉田
25 山田(真)
()
衛藤
(星野)
服部(晃)
()
浅津
(渡邉)
20
竹田
(藤原)
カナニ
()
香野
()
森谷
()
矢野
()
藤田
()
横田
(三橋)
スタエレンス
()
梶原 リベロ 吉田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日のゲームの流れを今日に繋げるように心掛けて臨んだが,1セット目のスタートは良く,レシーブからのラリーをものにしてリズムを作る事が出来た。しかし,2セット目以降は相手のフェイントやカナニの強打に対応できず最後までその部分の差が出て負けてしまった。来週のゲームに繋げて頑張っていきたい。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 立見が出るほどの地元大応援団の前で,前日の初勝利で勢いに乗るパイオニアレッドウィングスを破り,トヨタ車体クインシーズが西尾大会2連勝を飾った。序盤からエースの打ち合いという展開でトスが上がる度に会場から「いけー!」と大声援が聞こえるほどの盛り上がりを見せた。
 1セット目は,24対25まで壮絶な打ち合いを繰り返したが,トヨタ車体カナニのスパイクがアウトになりパイオニアがこのセットを取る。
 2セット目は,シーソーゲームが続いていた14対13の場面で,トヨタ車体は藤原を投入すると,この交替が流れを変え直後に4連続と3連続の得点を重ねこのセットを奪う。
 3セット目は,11対13の場面からパイオニアが7連続得点で逆転するも,直後にメンバーチェンジで入ったトヨタ車体星野がジャンプサーブで相手を崩し強打を2度ファインレシーブをするなど活躍を見せて傾きかけた流れを引き戻し,トヨタ車体がこのセットを奪い連取する。
 4セット目は,中盤までパイオニアがリードする展開だったが,トヨタ車体は相手のミス等で追いつき,19点以降はエースのカナニにボール集め得点を重ねてこのセットを奪い,試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大津 聡