V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
534
[開催日]
2013/01/12
[会場]
米沢市営体育館
[観客数]
1,300
[開始時間]
16:37
[終了時間]
18:21
[試合時間]
1:44
[主審]
印藤 智一
[副審]
浅井 唯由

デンソーエアリービーズ

監督: 達川 実
コーチ: 辻 健志
通算: 5勝4敗
1 21 第1セット
【26】
25 3
16 第2セット
【23】
25
25 第3セット
【22】
19
20 第4セット
【24】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 7勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2013年スタートの試合を白星で飾りたかったが、相手のペースでゲームが展開したことで、自分達のやろうとするバレーがなかなか出来なかった。
 明日の試合では、自分達が主導権を握ってプレーする時間を多く作っていけるようにしたい。
 本日も寒い中応援して頂いた方々には、本当に感謝いたします。今年も皆様、応援の程、宜しくお願いいたします。

21 井上(奈)
()
石井
()
川島
(卜部)
福田
()
25
熊谷
()
泉岡
()
佐々木(侑)
()
宮下
()
鈴木
()
井上(香)
()
栗原
()

()
真柴 リベロ 丸山
16 井上(奈)
()
石井
()
川島
()
福田
()
25
熊谷
()
泉岡
(イヴァナ)
佐々木(侑)
()
宮下
()
鈴木
(鍋谷)
井上(香)
(江口)
栗原
(佐々木(萌))

(吉田)
真柴 リベロ 丸山
25 井上(奈)
(江口)
石井
()
川島
()
福田
(佐々木(萌))
19
熊谷
()
イヴァナ
()
佐々木(侑)
(森田)
宮下
(川畑)
鍋谷
()
井上(香)
()
栗原
(吉田)

()
真柴 リベロ 丸山
20 井上(奈)
(江口)
石井
()
川島
()
佐々木(萌)
(福田)
25
熊谷
(栄)
イヴァナ
()
川畑
()
宮下
()
鍋谷
()
井上(香)
()
栗原
(吉田)

()
真柴 リベロ 丸山

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1、第2、第4セットのスタートは、年明けにもかかわらず、硬さが見られず、スムーズにゲームに入れたが、リードした時に安心するムードがまだ抜け切れていない。チャンスがある時にファンの皆様の期待に応えられるように、もう少し攻めの工夫をしていきたい。
 大変寒い中、多くのファンの皆様が応援に駆けつけてくださり、ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

要約レポート

 6勝2敗で首位の岡山シーガルズと、5勝3敗で5位のデンソーエアリービーズの一戦。
 第1セット、序盤から一進一退の攻防が続くが、中盤の5連続得点で先に波に乗った岡山が、栗原、福田のスパイクで着実に得点を重ね、粘るデンソーを押し切り25-21で先取した。
 第2セット、岡山が栗原のスパイクを軸に4連続得点でスタートする。粘り強いレシーブに加え、福田、川島の攻撃が要所要所で機能し、岡山が25-16で連取した。
 第3セット、デンソーが、井上(奈)や第2セットから投入された鍋谷の活躍によりリードし、イヴァナのライト攻撃なども決まりこのセットの主導権を握り続け、25-19で奪い返した。
 第4セット、岡山が、効果的なブロックや相手のミスに乗じ序盤からリードを奪う。デンソーも鍋谷らのスパイク等で対抗するが、栗原、川畑のスパイクやブロックが要所で決まった岡山が終始リードを保ち25-20で奪い、セットカウント3−1で岡山が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 石黒 吉寛