V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
528
[開催日]
2012/12/08
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)
[観客数]
2,500
[開始時間]
16:05
[終了時間]
17:49
[試合時間]
1:44
[主審]
千代延靖夫
[副審]
塚本 健

デンソーエアリービーズ

監督: 達川 実
コーチ: 辻 健志
通算: 4勝3敗
1 17 第1セット
【23】
25 3
18 第2セット
【24】
25
25 第3セット
【27】
22
11 第4セット
【21】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 野中 俊英
通算: 6勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートで勢いを出せない状況になり、ゲームを通して守りに入っている時間が長かったのが、敗因である。相手のディフェンスを打ち破るために必要なことを整理していきたい。
 本日もたくさんの声援ありがとうございました。明日は、今日の反省を活かして頑張りますので、応援よろしくお願いします。

17 井上(奈)
()
石井
()
新鍋
()
古藤
()
25
熊谷
(イヴァナ)
泉岡
(栄)
岩坂
()
平井
()
鈴木
()
井上(香)
(大竹)
長岡
()
石井
()
真柴 リベロ 座安
18 井上(奈)
(山田)
石井
()
岩坂
()
新鍋
()
25
熊谷
()
泉岡
(イヴァナ)
長岡
(筒井(視))
古藤
()
鈴木
()
井上(香)
()
石井
(パウリノ)
平井
()
真柴 リベロ 座安
25 井上(奈)
(山田)
石井
()
新鍋
()
古藤
()
22
熊谷
(大竹)
イヴァナ
()
岩坂
(水田)
平井
()
鍋谷
()
井上(香)
()
長岡
(筒井(視))
パウリノ
()
真柴 リベロ 座安
11 井上(奈)
()
石井
(石坂)
岩坂
()
新鍋
()
25
熊谷
(栄)
イヴァナ
()
長岡
()
古藤
(狩野)
鍋谷
()
井上(香)
()
パウリノ
()
平井
()
真柴 リベロ 座安

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は、サーブで崩してブロックでしとめるという形が終盤以降、よく機能していた。また、途中から入ったパウリノがスパイクを決めてチームを盛り上げてくれたこともあり、最後まで粘り強く戦うことができた。
 明日から2Legが始まるが、よりいっそう気を引き締めてやっていきたいと思う。
 寒い中たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

第1セット、久光製薬スプリングスは速攻を絡めた攻撃でリズムを作り、8−2とリードする。その後も得点を重ね、久光製薬が25-17で、第1セットをものにした。
第2セットは、久光製薬のミスに乗じて、デンソーエアリービーズが8−1とリードするも、テクニカルタイムアウト後、落ち着きを取り戻した久光製薬が14−14と追いついた。後半は要所要所で久光製薬のサービスエース、ブロック、また新鍋とパウリノのスパイクが決まり、一気に流れを引き寄せて、25−18でセットを連取した。
第3セットは、フェイントを織り交ぜたデンソーの攻撃が功を奏し、6連続得点で11−8とリードする。井上(香)の移動攻撃、イヴァナのパワーあるアタックも次々と決まり、デンソーが粘る久光製薬を振り切り、25−22で第3セットを奪い返した。
 第4セット、序盤からブロックが冴えわたった久光製薬が、終始優位にゲームを進め、25−11で、デンソーに完勝した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 長屋 年徳