V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
520
[開催日]
2012/12/01
[会場]
佐賀県総合体育館
[観客数]
2,270
[開始時間]
16:40
[終了時間]
18:38
[試合時間]
1:58
[主審]
塚本 健
[副審]
山本 晋五

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 4勝1敗
3 25 第1セット
【25】
20 1
25 第2セット
【26】
20
21 第3セット
【25】
25
30 第4セット
【33】
28
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 野中 俊英
通算: 4勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最後まであきらめずにボールを追ったことが、勝利へと結びつきました。久光さんの高いブロックと座安選手を中心としたレシーブに苦労しましたが、執念が勝りました。
 明日も集中力を保ち戦いますので、応援宜しくお願いいたします。

25 近江
()
イエリズ
()
石井
()
古藤
()
20
杉山
(八幡)
島村
()
岩坂
()
平井
()
松浦
(大野)
内田
()
長岡
()
パウリノ
()
鳥越 リベロ 座安
25 近江
()
イエリズ
()
石井
()
古藤
()
20
杉山
()
島村
()
岩坂
()
平井
()
松浦
(大野)
内田
()
長岡
()
新鍋
()
鳥越 リベロ 座安
21 近江
()
イエリズ
()
石井
(石田)
古藤
()
25
杉山
(八幡)
島村
()
岩坂
()
平井
()
松浦
(秋山)
内田
(白垣)
長岡
(筒井(さ))
新鍋
()
鳥越 リベロ 座安
30 杉山
()
近江
(八幡)
岩坂
()
石田
()
28
秋山
(大野)
イエリズ
(白垣)
長岡
(筒井(さ))
古藤
()
内田
()
島村
()
新鍋
()
平井
()
鳥越 リベロ 座安

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日の試合では、序盤からいいスタートを切ることができなかった。流れを変えようと試みたが気負いすぎて悪循環に陥ってしまった。
 1セット目終盤に流れをつかみかけようとしたが、自滅してしまった。
また相手のブロード攻撃に最後まで対応できなかったことも流れを掴めない要因となった。
 ホームゲームということで、たくさんの応援の後押しもあり、盛り返すこともできたが、ミスでゲームを失ってしまった。
 明日は、ホームゲームでのたくさんの方々の応援に応えられるようにチーム一丸となって戦います。温かい応援ありがとうございました。

要約レポート

 この試合に勝利すれば首位に立つ久光製薬スプリングスと3連勝で勢いに乗るNECレッドロケッツの一戦。
 セッター松浦の巧みなトスワークと、イエリズの強打、島村のブロックでNECがペースを掴む。対する久光製薬も長岡、パウリノの強打で応戦するが、終盤のミスが響き1セット目を落とす。
 リズムに乗りきれない久光製薬は、2セット目スタートから新鍋を投入するが、NEC杉山の速攻やイエリズのジャンプサーブに苦しみ、中盤以降リードを広げられる苦しい展開。終盤リベロ座安が気迫のこもったレシーブからの攻撃で追い上げ、意地を見せるが、及ばずこのセットも落とす。
 後がない久光製薬は3セット目序盤、悪い流れを断ち切るために石田を投入。石田は、監督の期待に応える活躍を攻守に見せ、この試合初めて主導権を握り久光製薬がこのセットを奪う。
 勢いに乗る久光製薬は持ち前の攻撃力を十分に発揮し、序盤からリードを広げる。レフトから新鍋、ライトから長岡が幅広い攻撃でNECブロック陣を翻弄。守備のリズムを崩され、苦しい展開になっていたNECだったが、杉山のアタック、ブロックで中盤着実に点数を重ね、終盤デュースにまでもつれる大接戦になったが、イエリズが大車輪の活躍を見せ大逆転で4セット目をとりNECがうれしい4連勝を飾った。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 野中 健志