V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
519
[開催日]
2012/12/01
[会場]
佐賀県総合体育館
[観客数]
1,988
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:54
[試合時間]
1:54
[主審]
代居 正巳
[副審]
須藤 義宏

デンソーエアリービーズ

監督: 達川 実
コーチ: 辻 健志
通算: 4勝1敗
3 25 第1セット
【21】
18 2
25 第2セット
【23】
19
19 第3セット
【23】
25
21 第4セット
【24】
25
15 第5セット
【11】
6

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 福田 康弘
通算: 4勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は、勝ちセットと負けセットの差が出た試合であったが、最後は持てる力を出し切ろうという気持ちが勢いとなり、良い結果を生み出したと思う。
 チームとしての修正点はいくつもあるが、こういった粘り強い戦いを継続していきたい。
 本日も応援ありがとうございます。明日も引き続き応援の程宜しくお願いします。

25 井上(奈)
()
石井
()
エンライト
()
中道
(田代)
18
熊谷
()
泉岡
()
二見
()
荒木
(宮田)
鈴木
()
井上(香)
(山田)
峯村
(堀川)
小平
()
真柴 リベロ 濱口
25 井上(奈)
()
石井
()
エンライト
(高田)
中道
(田代)
19
熊谷
(イヴァナ)
泉岡
(栄)
二見
(宮田)
荒木
()
鈴木
()
井上(香)
(山田)
峯村
()
小平
(迫田)
真柴 リベロ 濱口
19 井上(奈)
()
石井
()
エンライト
(小平)
中道
(田代)
25
熊谷
(イヴァナ)
泉岡
(栄)
宮田
(和田)
荒木
()
鈴木
(鍋谷)
井上(香)
()
峯村
()
迫田
()
真柴 リベロ 濱口
21 井上(奈)
()
石井
()
エンライト
(小平)
中道
()
25
熊谷
()
泉岡
()
宮田
(二見)
荒木
()
鈴木
(鍋谷)
井上(香)
()
峯村
(高田)
迫田
()
真柴 リベロ 濱口
15 井上(奈)
()
石井
()
二見
()
エンライト
()
6
熊谷
(イヴァナ)
泉岡
(栄)
高田
()
中道
(田代)
鈴木
()
井上(香)
()
迫田
()
荒木
()
真柴 リベロ 濱口

監督コメント

 応援ありがとうございました。セットの初めからデンソーさんのサーブに崩れアタックをブロックされてしまい、リズムが悪くなり、何もできずに2セットとられてしまいました。
 しかし、3セット目から迫田の強打やバックアタックでリズムを作り、2セット取り返すことができたが、5セット目は波に乗れず、相手の勢いに押され勝つことができなかった。
 明日は1セット目から勢いを出していきたい。応援宜しくお願いします。

要約レポート

 開幕4連勝で波に乗る東レアローズと4連勝して上位を伺いたいデンソーエアリービーズの一戦。
 第1セット序盤からデンソーエアリービーズ井上(香)の連続ブロックポイントで主導権を握る。対する東レアローズも、セッター中道を中心に多彩なコンビネーションで応戦するが、デンソーの組織的なブロックの前に連続ポイントを許し、1セット目を落とす。
 2セット目も勢いに乗るデンソーは、セッター熊井のトスワークが冴えわたり、泉岡のバックアタックや石井の強打などで中盤からリードを広げ、一気に2セット目も奪う。
 後がない東レは、リベロ濱口を中心に粘り強いバレーを展開し、迫田、荒木を中心とした攻撃陣も本来の力強さを発揮し、3,4セットを取り返す。
 最終セットは、デンソーが序盤からリベロ真柴が好レシーブで会場を沸かす。攻撃陣も泉岡、鈴木が大車輪の活躍を見せ、粘る東レを振りきり4試合連続フルセットで4勝目をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 野中 健志