V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
518
[開催日]
2012/12/01
[会場]
加古川市立総合体育館
[観客数]
2,600
[開始時間]
15:55
[終了時間]
17:41
[試合時間]
1:46
[主審]
グレック・ルーオー
[副審]
北村 友香

JTマーヴェラス

監督: 石原 昭久
コーチ: 尾﨑 侯
通算: 0勝5敗
1 23 第1セット
【26】
25 3
25 第2セット
【22】
14
21 第3セット
【25】
25
18 第4セット
【24】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 溝田 知茂
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 これまでの試合もそうであったが、前半の展開はサーブで押し、攻撃チャンスを増やして試合を有利に運ぶことができるが中盤以降、自分達のミスで崩れてしまっている。
 今後、この課題のクリアに向けて全力で取り組み1Leg残り2試合、まずは1勝を挙げ、2Leg以降、上位チームに追いつけるよう頑張っていきたい。
 本日はホームゲームということもあり、いつも以上のたくさんの応援ありがとうございました。

23 上屋敷
()
ヤネヴァ
()
川島
(卜部)
福田
()
25
山口
(早坂)
谷口
(位田)
佐々木(侑)
()
宮下
()
吉澤
()
石川
()
栗原
()

()
井上 リベロ 丸山
25 上屋敷
(千葉)
ヤネヴァ
()
川島
(野口)
福田
()
14
山口
(早坂)
谷口
()
佐々木(侑)
(岡野)
宮下
(川畑)
吉澤
()
石川
()
栗原
(佐々木(萌))

(竹田)
井上 リベロ 丸山 吉田
21 ヤネヴァ
()
谷口
()
栗原
()
宮下
()
25
上屋敷
()
石川
()
川島
()

()
山口
(早坂)
吉澤
()
佐々木(侑)
()
福田
()
井上 リベロ 丸山
18 上屋敷
(位田)
ヤネヴァ
()
川島
()
栗原
(佐々木(萌))
25
山口
(早坂)
谷口
()
佐々木(侑)
()
宮下
()
吉澤
(千葉)
石川
()
福田
()

(竹田)
井上 リベロ 丸山

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日はスタートから随所に硬さが見られ、3セット目の途中までリズムがとれなかった。3セット目をしのいだことで、やっとスムーズな流れとなった。
 力のあるJTさんに3-1で勝利できたことは、これからの戦いの大きなプラスとなる。
 本日は多くの皆様にご声援いただき、ありがとうございました。明日も皆様とともに頑張りますので、宜しくお願いします。

要約レポート

 現在2勝2敗で5位の岡山シーガルズと開幕からまだ勝ち星のない7位JTマーヴェラスの試合は3−1で岡山シーガルズが勝ち、3勝目を挙げた。
 第1セットJTは、石川のブロックと速攻、一方岡山は栗原のレフトからの攻撃と佐々木のライトからの攻撃で、一進一退の攻防の末、後半リードした岡山がセットを取る。
 第2セットはJTが前半、岡山のレフトからの攻撃をレシーブし、ヤネヴァのレフトからの攻撃と谷口のブロックで主導権を握り、一方的にセットを取る。
 この試合を決定づけた第3セット、JTは谷口のライト攻撃、バックアタック、サービスエースでゲームは進む。岡山も福田、栗原のレフトからの攻撃で追いすがり、終盤、栗原のサービスで追いつき、佐々木のサーブでJTのレシーブを崩し、福田のスパイクで逆転、接戦でセットを取り、傾きかけた流れを完全に引き戻した。
 第4セット岡山は、序盤に栗原のブロックとスパイクで4点リードし主導権を握る。JTも谷口のライトからのスパイクやバックアタックで粘るが、岡山の流れを止める事はできなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 田中 昌宏