V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
513
[開催日]
2012/11/25
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,400
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:05
[試合時間]
2:05
[主審]
明井 寿枝
[副審]
田中 昭彦

パイオニアレッドウィングス

監督: 宮下 直樹
コーチ: 戸澤 勉
通算: 0勝4敗
2 25 第1セット
【27】
22 3
18 第2セット
【25】
25
15 第3セット
【21】
25
25 第4セット
【26】
21
11 第5セット
【14】
15

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 野中 俊英
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 連日フルセットで負けてしまい、応援してくださる方々の期待に応えられず申し訳ない気持ちと、チームとしてもとても悔しい気持ちでいっぱいです。
今日のゲームでは、出場チャンスが少なかった選手が、途中出場して活躍したことでチームのピンチを救ってくれた事は今後の明るい材料になりました。
 これらを活かし、来週の試合に繋げていきたいと思います。
応援ありがとうございました。

25 香野
(渡邉)
スタエレンス
()
石井
()
古藤
()
22
冨永
()
浅津
(持丸)
岩坂
()
平井
()
三橋
(佐藤)
森谷
()
長岡
(筒井(さ))
パウリノ
()
吉田 リベロ 座安
18 香野
(佐藤)
スタエレンス
()
石井
()
古藤
()
25
冨永
()
浅津
(持丸)
岩坂
()
平井
()
三橋
(服部(晃))
森谷
()
長岡
()
パウリノ
()
吉田 リベロ 座安
15 香野
()
スタエレンス
()
石井
()
古藤
()
25
冨永
()
浅津
(佐藤)
岩坂
()
平井
()
今野
(三橋)
森谷
()
長岡
(新鍋)
パウリノ
()
吉田 リベロ 座安
25 森谷
(渡邉)
スタエレンス
()
石井
(筒井(視))
古藤
()
21
冨永
()
浅津
(持丸)
岩坂
()
平井
()
今野
()
香野
(佐藤)
新鍋
()
パウリノ
()
吉田 リベロ 座安
11 森谷
()
スタエレンス
()
石井
()
古藤
()
15
冨永
()
浅津
(持丸)
岩坂
()
平井
()
今野
()
香野
(佐藤)
新鍋
()
パウリノ
()
吉田 リベロ 座安

監督コメント

 スタートから流れを作って試合を進めていこうというチームの課題であったが、今日の試合でも、それを為すことが出来なかった。
 それでも要所で、平井の攻撃が決まり相手に行きかけた流れを渡さず、最後は押し切ることが出来た。
 まだまだ多くの課題はあるが、一つ一つ修正して長いリーグを戦っていきたいと思う。
 たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 3連勝と波に乗る久光製薬スプリングスと、ここまでフルセットの末惜敗し今日こそ初白星をあげたいパイオニアレッドウィングスの一戦。
 第1セット、パイオニアはスタエレンスを中心にサイド攻撃で久光製薬に襲いかかる。久光製薬も古藤の巧みなトス回しで、岩坂・平井の両ミドルブロッカーによる攻撃を中心にパイオニアの守備陣を乱する。終盤まで一進一退の攻防を続ける。最後は三橋のブロックが決まりパイオニアが先手をとった。
 第2セット、久光製薬のサーブがパイオニアのレシーブ陣を崩し攻撃に結びつける。要所要所で決まる平井やパウリノのブロックでパイオニアを突き放し、久光製薬が第2セットを奪い返す。
 久光製薬は、石井のバックアタックや平井の速攻、さらにパウリノのサイド攻撃と波状攻撃を仕掛けてゆく。パイオニアは久光製薬の攻撃ミスに乗じて浅津やスタエレンスのオープン攻撃や窮地を救うリベロ吉田好レシーブでの久光製薬を追い詰める。
 サーブレシーブ陣が崩れそうな久光製薬を立て直した岩坂のブロックと石井のオープン攻撃でフルセットの末、久光製薬が無傷の4連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 金廣 美喜夫