V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
512
[開催日]
2012/11/24
[会場]
豊橋市総合体育館
[観客数]
2,190
[開始時間]
14:05
[終了時間]
16:06
[試合時間]
2:01
[主審]
北村 友香
[副審]
山本 和良

デンソーエアリービーズ

監督: 達川 実
コーチ: 辻 健志
通算: 2勝1敗
3 25 第1セット
【22】
17 2
22 第2セット
【27】
25
25 第3セット
【23】
18
17 第4セット
【23】
25
15 第5セット
【14】
8

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 坂本 博秋
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

試合を進めるにあたり、相手の選手起用における変化などに対応が遅れ、苦しい展開であったが、選手が最後まで集中して攻め続けられたのが勝因である。
本当に一試合毎に成長出来るチームだと思うので今日の反省を活かして明日も頑張ります。本日も沢山の声援ありがとうございました。引き続き応援の程、宜しくお願いします。

25 井上(奈)
()
石井
()
カナニ
()
藤田
()
17
熊谷
(イヴァナ)
泉岡
(栄)
衛藤
()
矢野
()
鈴木
()
井上(香)
(山田)
山田(真)
()
竹田
()
真柴 リベロ 梶原 高橋
22 井上(奈)
()
石井
()
カナニ
()
藤田
(眞)
25
熊谷
(イヴァナ)
泉岡
(栄)
衛藤
(赤阪)
矢野
()
鈴木
()
井上(香)
()
山田(真)
()
竹田
(藤原)
真柴 リベロ 高橋 梶原
25 井上(奈)
()
石井
()
カナニ
()
藤田
()
18
熊谷
(橋本)
泉岡
(イヴァナ)
衛藤
(星野)
矢野
()
鈴木
()
井上(香)
(山田)
山田(真)
()
藤原
()
真柴 リベロ 高橋 梶原
17 石井
()
イヴァナ
(泉岡)
竹田
()
藤田
(眞)
25
井上(奈)
()
井上(香)
(大竹)
田原
(赤阪)
矢野
(星野)
熊谷
()
鈴木
()
山田(真)
()
藤原
()
真柴 リベロ 梶原 高橋
15 井上(奈)
()
石井
()
竹田
()
藤田
()
8
熊谷
()
泉岡
()
田原
(赤阪)
矢野
(星野)
鈴木
()
大竹
(山田)
山田(真)
()
藤原
()
真柴 リベロ 高橋 梶原

監督コメント

今回はホームゲームという事もあり、たくさんの応援ありがとうございました。
先週の試合に引き続きフルセットまでもちこめたものの勝つことができず残念です。
また、明日も試合があるので気持ちを切り替えて勝ちにいきたいと思います。応援よろしくお願いします。

要約レポート

 デンソーエアリービーズとトヨタ車体クインシーズが愛知県で対戦するのは,Vリーグでは初めてのこと。両チームとも大変多くの応援団,観客がかけつけた。しかも地元テレビ局による生中継も入っている。このような負けられない状況の中で白星を収めたのは,デンソーであった。
 デンソーの勝利の原動力はレフトからの石井の攻撃で,1セット目の中盤の二度の5連続得点の中で高い決定力を見せた。強打だけでなくプッシュやフェイントを効果的に織り交ぜ,落ち着いたプレー振りが目立った。
 また,泉岡,鈴木らも熱いハートでアタックを放った。2人とも5セット戦ってアタックでノーミスという高い安定感を見せた。特に5セット目の泉岡は,前半はサーブでノータッチエース,後半には4本のアタックをすべて強打で決め,存在感を発揮した。
 さらに,3セット目の終盤に入った橋本が2本連続で相手のエースをシャットアウトしたシーンも,ワンポイントながら印象的であった。
 トヨタ車体は,2セット目終盤に入った藤原が大活躍。高いジャンプからの強打で何度もチームを助けたが,5セット目にひとたび後衛に回ると,再び前衛に戻ることはなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇