V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
508
[開催日]
2012/11/18
[会場]
福井県営体育館
[観客数]
2,000
[開始時間]
15:40
[終了時間]
17:57
[試合時間]
2:17
[主審]
西中野 健
[副審]
田野 昭彦

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 2勝0敗
3 25 第1セット
【25】
19 2
30 第2セット
【33】
32
25 第3セット
【24】
18
22 第4セット
【27】
25
15 第5セット
【16】
13

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 坂本 博秋
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 前半は、イエリズ、近江のスパイクでリズムに乗り流れをつかんだが、トヨタ車体さんの粘りあるレシーブから最後までどちらへ転ぶかわからない展開となりました。しかし、勝ててよかったです。試合は続きますので、今週の反省を生かし来週へとつなげていきたいと思います。
 福井大会でのご声援ありがとうございました。

25 内田
(鳥越)
イエリズ
(秋山)
カナニ
(藤原)
藤田
()
19
島村
()
大野
()
衛藤
(赤阪)
矢野
()
松浦
(白垣)
近江
()
山田(真)
()
竹田
()
滝口 リベロ 梶原 高橋
30 内田
(鳥越)
イエリズ
(秋山)
藤原
()
藤田
()
32
島村
()
大野
()
衛藤
(星野)
矢野
()
松浦
(白垣)
近江
()
山田(真)
()
竹田
()
滝口 リベロ 高橋 梶原
25 内田
()
イエリズ
(秋山)
藤原
()
藤田
()
18
島村
()
大野
()
衛藤
(赤阪)
矢野
()
松浦
(白垣)
近江
()
山田(真)
()
竹田
()
滝口 リベロ 高橋 梶原
22 内田
()
イエリズ
(鳥越)
藤原
()
藤田
()
25
島村
(杉山)
大野
()
衛藤
(赤阪)
矢野
()
松浦
()
近江
()
山田(真)
()
竹田
()
滝口 リベロ 梶原 高橋
15 近江
()
松浦
(白垣)
藤原
()
藤田
()
13
大野
()
杉山
(島村)
衛藤
(赤阪)
矢野
()
イエリズ
(鳥越)
内田
()
山田(真)
()
竹田
(眞)
滝口 リベロ 高橋 梶原

監督コメント

 2日間にわたりたくさんの応援ありがとうございました。
 1セット目にカナニの不調もあり、出だし自分達のペースで試合運びができなかった。
 2セット目からはカナニに代わり藤原が入って粘り強く攻め自分達のリズムでできましたが、最後フルセットで負けてしまいました。
 来週はホームゲームなので、さらに気持ちを引き締めチーム全員で戦っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 開幕戦で勝利を飾り、流れに乗って2勝目を挙げたいNECレッドロケッツと、昨日の負けを挽回し、福井ラウンドでなんとか1勝を挙げたいトヨタ車体クインシーズの一戦。
 第1セット、NECがイエリズの切れ味鋭いスパイクなどでリードし、危なげなくこのセットを奪った。
 第2セット、序盤から互いに連続得点を挙げ、両者譲らぬ展開となった。終盤、トヨタ車体が藤原のスパイクなどで追い上げを見せ、同点とすると、その流れで一気に巻き返しを図り、ジュースにまで縺れ込んだ接戦をトヨタ車体が制した。
 第3セット、序盤からNECの島村のスパイクや内田のブロックなどでリードを奪う。中盤、トヨタ車体も追い上げを見せるが、NECが序盤のリードを保ったままこのセットを奪い返した。
 第4セット、序盤から一進一退の白熱した展開となったが、中盤抜け出したトヨタ車体がリードを守り切り、勝敗の行方は最終セットへともつれ込んだ。
 勝負の第5セット、杉山のブロックやサービスエースなどでNECが先手を取ると、終始リードを奪い勝負の最終セットを制した。
 フルセットの末勝利したNECは、見事福井ラウンドを2連勝で終えた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 加藤 允良