V・プレミアリーグ女子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
505
[開催日]
2012/11/18
[会場]
山形県総合運動公園総合体育館
[観客数]
2,500
[開始時間]
13:06
[終了時間]
15:07
[試合時間]
2:01
[主審]
小野 将人
[副審]
江下  毅

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算: 2勝0敗
3 21 第1セット
【24】
25 2
16 第2セット
【23】
25
25 第3セット
【23】
15
25 第4セット
【27】
18
15 第5セット
【12】
6

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 たくさんの応援ありがとうございました。
 1・2セットはシーガルズさんの多彩なコンビネーションと栗原選手のアタックを押さえることができず何も出来ませんでしたが、3セット目からはサーブとブロックが機能し、荒木のクイックが有効に決まりラリーの中でもコンビネーションが使えたことが勝因だと思う。
 それと翌日に続き粘りのバレーができました。
 これからも諦めないバレーでがんばります。
 ありがとうございました。

21 峯村
()
堀川
(小平)
山口
()
栗原
()
25
荒木
()
二見
(宮田)
佐々木(侑)
()
宮下
()
中道
(田代)
エンライト
(高田)
福田
(佐々木(萌))

(森田)
濱口 リベロ 丸山
16 小平
()
峯村
(堀川)
栗原
(佐々木(萌))
宮下
()
25
荒木
()
二見
(和田)
山口
(卜部)

()
中道
(田代)
エンライト
()
佐々木(侑)
()
福田
()
濱口 リベロ 丸山
25 小平
(高田)
峯村
()
山口
()
栗原
(佐々木(萌))
15
荒木
()
二見
(宮田)
佐々木(侑)
(森田)
宮下
(卜部)
田代
()
エンライト
()
福田
(川畑)

(川島)
濱口 リベロ 吉田 丸山
25 小平
()
峯村
()
川畑
()
宮下
(卜部)
18
荒木
()
二見
()
山口
(川島)

()
田代
()
エンライト
(高田)
佐々木(侑)
(森田)
栗原
(福田)
濱口 リベロ 丸山
15 小平
()
峯村
()
栗原
()
宮下
()
6
荒木
()
二見
()

(岡野)
山口
()
田代
()
エンライト
()
佐々木(侑)
()
福田
(佐々木(萌))
濱口 リベロ 丸山

監督コメント

 シーガルズの良さと課題が5セットの中にきちっと出た。
1・2セット、流れをつかんだ時にホッとしたことが相手のディフェンス・オフェンスを生き返らせてしまった。トータル的に技術・精神力の自覚が少し足りなかった。これを教訓にし足らない部分を各自きちんと自覚し取り組んでいきたい。考えること、そしてメンタルの安定を忘れてはいけない。
 2日間遠方より応援にかけつけて下さり、ありがとうございました。
 長いリーグがスタートしました。今後もよろしくお願いします。

要約レポート

 女子山形大会第2日目第1試合、どちらも開幕戦を白星で飾り連勝して波に乗りたい東レアローズと岡山シーガルズの一戦は、フルセットにもつれ込む白熱した戦いとなった。
 第1セット、東レは中道を中心とするコンビバレーを駆使し得点を重ねる。対する岡山は、粘り強いレシーブでボールをつなぎ、両サイドにボールを集めると、福田、栗原のスパイクがよく決まり、粘る東レを振り切り先取した。
 第2セットも宮下、栗原らの効果的なサーブで相手を崩した岡山が連取する。
 後がない東レは、序盤荒木の速攻、ブロックが決まると、峯村、小平のスパイクも決まりだし、第3セットを取り返す。これで息を吹き返した東レは、エンライトらの強烈なスパイクが炸裂し、第4セットを連取、勝負の行方は最終セットへ持ち越された。
 第5セット、若さに勝る東レが躍動感あふれるプレーで着実に得点を重ね、小平、二見のブロックも決まり、粘る岡山との接戦を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒沼 直洋