V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
407
[開催日]
2013/03/16
[会場]
佐世保市体育文化館
[観客数]
1,580
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:16
[試合時間]
2:16
[主審]
山本 晋五
[副審]
塚本 健

サントリーサンバーズ

監督: パオロ、モンタニャーニ
コーチ: 荻野 正二
通算: 23勝4敗
3 25 第1セット
【27】
23 1
30 第2セット
【37】
32
29 第3セット
【35】
27
25 第4セット
【28】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 16勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

プレイオフでのベストをつくすことを意識している。応援くださった皆様ありがとうございます。

25 米山
()
ウォレス
()
千々木
()
木場田
(大道)
23
山村
()
鈴木
(松崎)
松本
(内藤)
横田
()
岡本
(柴小屋)
越川
()
ペピチ
()
北島
()
高橋 リベロ 井上
30 山村
(松崎)
米山
(金子)
千々木
()
木場田
(大道)
32
岡本
(栗山)
ウォレス
()
松本
(内藤)
横田
()
越川
()
鈴木
()
ペピチ
()
北島
()
高橋 リベロ 井上
29 米山
(金子)
ウォレス
()
千々木
()
木場田
(大道)
27
山村
()
鈴木
(松崎)
松本
(内藤)
横田
()
岡本
()
越川
()
ペピチ
()
北島
()
高橋 リベロ 井上
25 山村
(米山)
金子
()
千々木
()
佐川
(大道)
22
岡本
(柴小屋)
ウォレス
()
松本
(内藤)
横田
()
越川
()
鈴木
(松崎)
ペピチ
()
北島
()
高橋 リベロ 今村 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

各セットとも終盤まで互角の展開ではあったが、ここ一本という時のスパイクが決まらず相手に取られてしまった。サイドアウト・ブロック・レシーブ等は悪くないので、強打レシーブ後のトスとスパイクの所を修正して明日の試合に臨みたい。

要約レポート

リーグ戦も残り2試合を残して、両チームとも良い状態でセミファイナルラウンドを迎えるために気の抜けない一戦である。
第1セットは、序盤から一進一退の攻防になった。サントリーサンバーズはウォレス、堺ブレイザーズはペピチが要所で大活躍。終盤、サントリーは好調のウォレスが連続得点を重ねて勝利した。
第2セットは、序盤は佐世保出身の堺の北島のスパイクが決まりリードする。中盤以降は両チーム30点まで譲らず。最後は、堺が千々木の活躍で大接戦を制した。
第3セットは、序盤はサントリーが試合を優位に進めるも、中盤は堺の木場田のトスワークが冴え、逆転する。終盤、デュースまでもつれるが、サントリーの鈴木のスパイクが決まり勝利した。
第4セット、序盤は、サントリー山村と鈴木のブロックが機能し、リードする。中盤以降は、サントリー岡本の絶妙なトスワークが冴え、スパイクで得点を量産した。堺も終盤に粘るが、最後は力尽きた。
 サントリーは、ウイングスパイカーとミドルブロッカーがバランス良く攻撃に参加できていたことが勝利につながった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 縄田 亮太