V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
395
[開催日]
2013/03/03
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
1,300
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:25
[試合時間]
1:25
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
冨田 博一

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 15勝9敗
3 27 第1セット
【27】
25 0
25 第2セット
【26】
23
25 第3セット
【26】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 15勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まず今日の試合に勝利できたことを素直に喜びたい。
 相手は誰が見ても精度の高いチームであり,各セットとも終盤まで相手にリードされるという展開であったが,勝負強く,よく逆転してくれた。
 来週からの戦いに,この良い流れを持っていきたいと思う。

27 石島
()
ペピチ
()
篠田
()
角田
()
25
横田
()
松本
()
大木
()
近藤
(梅野)
今村
()
千々木
()
星野
()
富松
(鈴木)
井上 リベロ 田辺
25 石島
()
ペピチ
()
篠田
()
角田
(米山)
23
横田
()
松本
()
大木
(今田)
近藤
()
今村
()
千々木
(内藤)
星野
()
富松
()
井上 リベロ 田辺
25 石島
()
ペピチ
()
篠田
()
角田
()
23
横田
()
松本
()
今田
(米山)
梅野
(近藤)
今村
()
千々木
(内藤)
星野
()
富松
()
井上 リベロ 田辺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 競り合いをものに出来ず,悔しいゲームとなった。
 ボヨビッチの穴を埋める選手がいない状況であり,苦しいゲームが続くがファイナルに向けて切り替えていきたい。

要約レポート

 どちらもセミファイナル進出をかけた東レアローズと堺ブレイザーズの一戦はどのセットも終盤までもつれる展開となった。
 第1セット,堺がアタック決定本数トップのペピチを軸に千々木のアタックや横田のブロックで得点を重ねた。それに対し,東レは星野,角田のアタック,富松のブロックで応戦しジュースに持ちこんだ。ここで堺はレシーブで粘り,ペピチがアタックを決めて,先取した。
 第2セットもお互いに意地のぶつかり合いでジュースになる接戦となった。ここでも堺が横田のブロック,ペピチのアタックが決まり,連取した。
 第3セット,後が無くなった東レはセッターを梅野,オポジットに米山を投入して気迫あふれるプレーで中盤までリードした。しかし,堺がペピチ,千々木のアタックで確実に得点を重ねて22対22に追いつき,ペピチのサービスエース,石島,横田のアタックで勝利した。
 攻守ともに安定した力を発揮した堺が貴重な勝利をあげ,セミファイナル進出に王手をかけた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 坪浦 敏美