V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
392
[開催日]
2013/03/02
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
1,600
[開始時間]
16:50
[終了時間]
18:57
[試合時間]
2:07
[主審]
西中野 健
[副審]
千代延 靖夫

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 15勝8敗
2 21 第1セット
【26】
25 3
14 第2セット
【21】
25
25 第3セット
【25】
16
25 第4セット
【28】
22
12 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: 丹山 禎昭
コーチ: 徳元 幸人
通算: 7勝16敗

( )内は交代選手

監督コメント

 故障で欠場したボヨビッチの代わりに大木が良く頑張ってくれたが,あと一歩届かず悔しいゲームとなった。
 また,明日のゲームに向けて切り替えていきたい。
 応援よろしくお願いします。

21 富松
()
米山
()
深津
()
安永
()
25
近藤
()
今田
(大木)
國近
(甲斐)
八子
()
星野
()
相澤
(鈴木)
筧本
(安井)
イゴール
()
田辺 リベロ 酒井 大上
14 大木
()
相澤
()
深津
()
安永
(安井)
25
米山
()
星野
(角田)
國近
(塚崎)
八子
()
富松
()
近藤
()
筧本
()
イゴール
()
田辺 リベロ 大上 酒井
25 篠田
()
角田
()
深津
(菅)
安永
(ベゼラ)
16
大木
()
近藤
()
國近
(小澤)
八子
()
米山
()
富松
()
筧本
()
イゴール
()
田辺 リベロ 酒井 大上
25 大木
()
篠田
()
深津
()
安永
(安井)
22
米山
()
角田
()
國近
(甲斐)
八子
()
富松
(鈴木)
近藤
(梅野)
筧本
()
イゴール
()
田辺 リベロ 大上 酒井
12 篠田
()
角田
(今田)
國近
(甲斐)
深津
()
15
大木
()
梅野
()
筧本
()
安永
(安井)
米山
()
富松
(鈴木)
イゴール
()
八子
()
田辺 リベロ 酒井 大上

監督コメント

 1セット,2セット目は,強いサーブでラリーを取ることができ,チームの流れも良く,取ることができたが,3セット,4セット目は相手に同じプレーをされ,リズムが崩され取られてしまった。
 最後は気持ちとチーム一丸となれたことが,今日の勝因だと思う。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。
 明日も頑張ります。

要約レポート

 前の試合でサントリーサンバーズの連勝を止めた勢いを地元広島で加速させたいJTサンダーズと,この試合に勝ってセミファイナル進出を決めたい東レアローズの対戦。
 第1セット,JTが地元の大声援を背にイゴールのアタックや筧本,安永のブロックで得点を重ね,このセットを取ると,第2セットも筧本やサーブ効果率1位のイゴールがサービスエースを決め,八子がアタック,ブロックに活躍し,東レを圧倒し連取した。
 第3セット,東レはリベロ田辺を中心にサーブレシーブが安定し,篠田,角田,大木らの攻撃が機能し,このセットを奪い返した。
 第4セット,序盤JTはイゴールのアタックで6点差をつけた。ここで東レはセッターを梅野に代えた。この作戦が的中し,梅野のサーブでJTのサーブレシーブを崩し流れを変えて同点に追いつき,角田,米山がアタックを確実に決めて勝負は最終セットに持ち込まれた。
 第5セット,お互いに拾ってはつなぐ一進一退の白熱した展開となる。終盤にJTがイゴールにボールを集め,確実に得点を重ね,最後は深津のブロックでJTが地元の大声援に応え,勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 坪浦 敏美