V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
390
[開催日]
2013/03/02
[会場]
枚方市立総合スポーツセンター
[観客数]
1,900
[開始時間]
16:30
[終了時間]
17:55
[試合時間]
1:25
[主審]
印藤 智一
[副審]
大塚 達也

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 荻野 正二
通算: 20勝3敗
3 25 第1セット
【26】
17 0
28 第2セット
【30】
26
25 第3セット
【23】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 15勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日のパナソニックは本来の姿ではないだろう。
 我チームはファイナルラウンドを見据えて、自分達のバレーをする事に努めた。

 選手たちは皆、明日の試合に向けて集中している。

25 鈴木
()
越川
()
清水
()
枩田
()
17
ウォレス
()
阿部
(柴小屋)
ジョンパウロ
()
福澤
(川村)
米山
()
山村
()
白澤
(山本(隆))
大竹
(深津)
高橋 リベロ 永野
28 ウォレス
()
鈴木
()
枩田
(山添)
福澤
(川村)
26
米山
(金子)
越川
()
清水
()
深津
()
山村
(松崎)
阿部
(柴小屋)
ジョンパウロ
(谷村)
白澤
()
高橋 リベロ 永野
25 ウォレス
()
鈴木
(松崎)
深津
(大竹)
白澤
()
15
米山
(柴小屋)
越川
(金子)
福澤
(川村)
ジョンパウロ
()
山村
(二木)
阿部
()
山添
(枩田)
山本(隆)
()
高橋 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サーブレシーブが安定せず、終始サントリーのディフェンスに苦しめられる結果となった。
 しかし、深津が”元気のあるいいプレー”をしてくれ、今後に大きなプラス材料となった。

 ホームゲームでのたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

要約レポート

 自力での四強入りをかけて勝利したいパナソニックパンサーズが、首位サントリーサンバーズを迎えてのホームゲームは、サントリーが勝利した。
 序盤からサーブで崩しブロックで決める組織的なバレーを展開したサントリーが1セットを先取。
 2セット目、流れを変えたいパナソニックはセッターを深津に替えて臨み、一進一退の攻防が中盤まで続く。ここで、パナソニックは川村を投入し攻撃のリズムを作り、清水にボールを集め24点目を先取するも、サントリーは、松崎のサーブで相手を崩し、攻撃の主軸ウォレスのアタックで振り切り連取した。
 3セット目も勢いにのったサントリーが危なげない展開で勝ち星をあげ、20勝となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 渡邉 恵美