V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
385
[開催日]
2013/02/24
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
1,350
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:57
[試合時間]
1:57
[主審]
小野 将人
[副審]
高橋 弘二

豊田合成トレフェルサ

監督: 安原 貴之
コーチ: 矢野 裕範
通算: 9勝13敗
3 25 第1セット
【27】
23 1
25 第2セット
【28】
20
16 第3セット
【24】
25
25 第4セット
【29】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 13勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 3セット目は相手の勢いに押されたが、応援に来てくださった方々の力が後押しとなり勝つ事が出来ました。
 ありがとうございました。
 4強へ入るには負けられない試合が続く事は変わりないのですが、今日のバレーを基本とし最後まで戦い抜きます。
 たくさんのご声援ありがとうございました。

25
()
盛重
()
千々木
()
今村
()
23
内山
(重村)
レオナルド
()
松本
(内藤)
横田
()
高松
()
井上
()
ペピチ
()
石島
()
古賀(幸) リベロ 井上
25
()
盛重
()
松本
(内藤)
千々木
()
20
重村
()
レオナルド
()
ペピチ
()
今村
()
高松
(岡本)
井上
()
石島
()
横田
()
古賀(幸) リベロ 井上
16
()
盛重
()
伊藤
()
今村
()
25
重村
(内山)
レオナルド
()
横田
()
松本
(内藤)
高松
(杉山)
井上
()
ペピチ
(松岡)
石島
(北島)
古賀(幸) リベロ 井上
25 井上
()
盛重
()
横田
(内藤)
伊藤
()
21
重村
()
レオナルド
()
ペピチ
()
今村
()
高松
(岡本)

()
石島
()
松本
()
古賀(幸) リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合、得点しなければならない場面で決めきれず、セット後半に自らミスを出してしまうという自滅パターンであった。
 サーブレシーブからの攻撃に関しては悪くないので、ディフェンス後の攻撃の部分を修正して来週に臨みたい。

 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 セミファイナルラウンドに向けもう1つも負けれない豊田合成トレフェルサが、地元大応援団の後押しを受けて勝利をもぎ取った。
 1セット目、序盤は堺ブレイザーズのペピチのバックアタックや横田のクイックなど強打が決まり12−7と最大5点リードするも、中盤以降少しずつ点差を詰めた豊田合成トレフェルサが相手のミスを含む3連続得点で21−22と終盤に逆転しこのセットを奪った。
 2セット目、豊田合成は5−4から4連続得点を挙げてリード広げるとそのままリードを守りセットを奪った。
 3セット目、堺は千々木に変えて伊藤をスタメンに起用すると、いきなりサーブで相手を崩し5連続得点で5−0とリード。堺に傾いた流れは変わる事なくその後も3連続得点を3度重ねてこのセットを奪った。
 4セット目、豊田合成は13−14の場面からレオナルドの2連続ブロックなどで5連続得点で逆転し、このセットも取り試合に勝利した。
 敗れた堺は、ペプチを中心に攻撃で圧倒する場面も見られたが、豊田合成の粘り強いレシーブを崩しきれなかったのと、クイックを最後まで捕まえ切れなかったのが敗因であろう。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大津 聡