V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
380
[開催日]
2013/02/17
[会場]
氷見市ふれあいスポーツセンター
[観客数]
1,500
[開始時間]
14:20
[終了時間]
16:22
[試合時間]
2:02
[主審]
小野 将人
[副審]
大塚 達也

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 12勝8敗
3 25 第1セット
【25】
17 1
25 第2セット
【26】
21
33 第3セット
【37】
35
25 第4セット
【25】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 5勝15敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合も昨日に引き続きサーブレシーブからの攻撃の決定率が高く、良いリズムで展開することが出来た。
 ただ、第3セット終盤、取らなければならない場面でミスが出てしまう所が今後の課題だと思う。

25 横田
()
石島
(北島)
徳丸
()
高橋(和)
()
17
今村
()
ペピチ
()
チェモス
()
山田
(高橋(寛))
千々木
()
松本
()
細川
(舩越)
中島
(井口)
井上 リベロ
25 石島
()
ペピチ
()
高橋(和)
()
高橋(寛)
()
21
横田
()
松本
(内藤)
徳丸
(小川)
中島
()
今村
()
千々木
()
チェモス
()
細川
(阿部)
井上 リベロ
33 石島
(内藤)
ペピチ
()
中島
(舩越)
高橋(和)
()
35
横田
()
松本
()
チェモス
()
高橋(寛)
(阿部)
今村
(北島)
千々木
()
細川
()
小川
(石垣)
井上 リベロ
25 石島
(内藤)
ペピチ
()
高橋(和)
()
高橋(寛)
(阿部)
22
横田
()
松本
()
中島
(舩越)
小川
()
今村
()
千々木
()
チェモス
()
細川
()
井上 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サイドアウトが切れず、連続失点を重ねてしまった。サーブレシーブを確立させて来週の試合に臨みたいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 堺ブレイザーズが、ファイナルラウンド進出に向け、大分三好ヴァイセアドラーの粘りに苦しみながらも、自慢の高さを生かして貴重な勝利をあげた。
 堺は、第1セット、序盤の一進一退の攻防から連続ブロックポイントで抜け出すと、大分三好のミスに乗じて、このセットを先取した。第2セット、流れを変えたい大分三好はセッターを高橋に代え、ミドルブロッカー徳丸・中島のセンター攻撃を多用する。しかし、堺のペピチ、千々木のジャンプサーブに崩され、結局はオポジットのチェモス頼りの単調な攻撃となってしまい、どうしても堺のブロックを振り切ることができなかった。
 堺は、第2セット中盤以降、ペピチに加え、石島も力強スパイクを連発し、チームを鼓舞。第3セットは33−35という大熱戦の末に失ったものの、第4セットは危なげなく押し切った。大分三好としては、第2セット序盤に見せたコンビバレーを貫きたかったであろうが、堺の高さと力に屈した形となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 吉國 太