V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
379
[開催日]
2013/02/17
[会場]
氷見市ふれあいスポーツセンター
[観客数]
1,300
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:45
[試合時間]
1:45
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
冨田 博一

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 13勝7敗
3 25 第1セット
【22】
16 1
25 第2セット
【23】
17
21 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【26】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: 安原 貴之
コーチ: 矢野 裕範
通算: 8勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

第1、2セットは、相手のミスによる得点にも助けられた状況であったが、第3セットに関しては、チームの短所が出てしまい反省点が残る。まだまだ安定したチーム状態とは言えない。
 本日もたくさんのご声援誠にありがとうございました。

25 白澤
()
ジョンパウロ
()
レオナルド
()

()
16
宇佐美
(渡辺)
清水
()
盛重
()
高松
()
福澤
()
枩田
(山本(隆))
井上
()
内山
(重村)
永野 リベロ 古賀(幸)
25 白澤
(山本(隆))
ジョンパウロ
(谷村)
井上
()
盛重
()
17
宇佐美
()
清水
()
内山
(重村)
レオナルド
()
福澤
(川村)
枩田
()
高松
(杉山)

()
永野 リベロ 古賀(幸)
21 白澤
(山本(隆))
ジョンパウロ
()
内山
(重村)

()
25
宇佐美
()
清水
()
杉山
()
盛重
()
福澤
()
枩田
(山添)
井上
()
レオナルド
()
永野 リベロ 古賀(幸)
25 宇佐美
(渡辺)
白澤
(山本(隆))
内山
(重村)

()
22
福澤
(谷村)
ジョンパウロ
()
杉山
()
盛重
(岡本)
枩田
()
清水
()
井上
()
レオナルド
()
永野 リベロ 古賀(幸)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ホームゲームで多くの声援があったのに連敗という結果で申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 相手はブロックの精度が高く、サイド攻撃の決定率が上がらず苦しい展開でした。
 上を目指して今日出た課題を克服し、来週のホームゲームで披露していきたい。
 本日も多くのご声援ありがとうございました。

要約レポート

連勝で波に乗りたいパナソニックパンサーズと、サブホームタウンで連敗を避けたい豊田合成トレフェルサの一戦。
第1セット、9対9まで一進一退の攻防が続いていたが、豊田合成は連続アタックミス。パナソニックは、ジョンパウロがフェイントを決めると、清水の強打が次々と炸裂。パナソニックはリードを広げて、1セットを先取した。
第2セットも中盤まで両者一歩も譲らず、緊迫した試合展開。ここで、パナソニックに流れを引き寄せたのが、ジョンパウロ。ブロックや強烈なスパイクで豊田合成を圧倒。10 対10から5連続得点を挙げたパナソニックがそのまま逃げ切った。
第3セット、後が無くなった豊田合成は、ウイングスパイカーの盛重や杉山を軸に速攻を絡めたコンビバレーを展開。近が速攻、サービスエース、ブロックなどで7得点を挙げる大活躍もあり、豊田合成がこのセットを取った。
第4セット、序盤からパナソニックが終始リード。要所でスパイクを決めるジョンパウロが最後も得点し、攻守ともにバランスの取れたパナソニックが13勝目を挙げ、2位をキープした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高地 修