V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
374
[開催日]
2013/02/16
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
1,500
[開始時間]
16:10
[終了時間]
17:55
[試合時間]
1:45
[主審]
印藤 智一
[副審]
浅井 唯由

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 12勝7敗
3 25 第1セット
【23】
23 1
25 第2セット
【25】
22
22 第3セット
【24】
25
25 第4セット
【24】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 6勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 アタック決定率が上がらず苦しんだが、要所のブロックと相手のミスに助けられた。試合間が開くと、チグハグなバレーになる傾向があるので、明日は切り替えて臨みたい。
 応援よろしくお願いします。

25 富松
(今田)
米山
()
グラディナロフ
()
山岡
(木村)
23
近藤
()
ボヨビッチ
()
前田
()

(杉崎)
角田
()
相澤
(鈴木)
手塚
()
橋場
()
田辺 リベロ 三上
25 富松
()
米山
()
グラディナロフ
()
山岡
(木村)
22
近藤
()
ボヨビッチ
()
前田
()

(杉崎)
角田
()
相澤
(鈴木)
手塚
()
橋場
(福田)
田辺 リベロ 三上
22 富松
()
米山
()
グラディナロフ
()
山岡
(木村)
25
近藤
()
ボヨビッチ
()
前田
()

()
大木
(角田)
相澤
(鈴木)
手塚
()
西尾
()
田辺 リベロ 三上
25 富松
()
米山
()
グラディナロフ
()
山岡
()
22
近藤
()
ボヨビッチ
()
前田
()

(福田)
角田
(星野)
相澤
()
手塚
(杉崎)
西尾
(土屋)
田辺 リベロ 三上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ブレイクの場面で被ブロックが多く、得点が取り切れず、リズムに乗れなかった。相手のディフェンスも良く機能していた。それを是非打ち破っていきたい。
 明日は首位のチームとの対戦だが、粘り強く戦っていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 今季2度目のホームゲームとなるFC東京に対し、現在サーブレシーブ成功率1位の東レアローズの戦い。また、FC東京の前田はアタック決定率でトップを取っているのに対し、東レの富松はブロック決定本数でトップをキープしている。
 試合は一進一退を繰り返す。FC東京は東レの攻撃を好レシーブからよく繋ぎ、前田、手塚がアタックを決める。東レは司令塔近藤が巧みなトスワークでFC東京を翻弄した。さらに、ミドルブロッカーの富松が要所要所で高いブロックを決め、2セットを連取する。
 第3セットFC東京のグラディナロフの好レシーブ、アタックが効果的に決まる。最後もグラディナロフのバックアタックが決まりセットを奪い返した。
 第4セット流れを取り戻した東レは、ボヨビッチ、米山を中心にアタックを決めて、4強入りに向けて大きな1勝となった。東レ富松は1試合で10本のブロックを決定させ、ブロック争いでさらに優位となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 柴田 等