V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
369
[開催日]
2013/02/03
[会場]
西山公園体育館
[観客数]
1,450
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:27
[試合時間]
1:27
[主審]
山本和良
[副審]
小野将人

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 11勝7敗
0 21 第1セット
【26】
25 3
23 第2セット
【29】
25
20 第3セット
【26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 11勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

サーブレシーブが崩れ、サイドアウトを有効に取ることができなかったのが大きな敗因である。
これで一週間の空きができたので、心身ともにリフレッシュして後半戦に臨みたい。応援よろしくお願いいたします

21 富松
()
米山
()
枩田
(山本(隆))
福澤
()
25
近藤
()
ボヨビッチ
()
清水
()
宇佐美
()
鈴木
(瀬戸口)
相澤
(今田)
ジョンパウロ
()
白澤
()
田辺 リベロ 永野
23 富松
(今田)
鈴木
()
清水
()
枩田
()
25
近藤
()
ボヨビッチ
()
ジョンパウロ
()
福澤
()
米山
(瀬戸口)
相澤
(梅野)
白澤
(山本(隆))
宇佐美
(渡辺)
田辺 リベロ 永野
20 富松
(今田)
瀬戸口
(米山)
枩田
()
福澤
()
25
近藤
()
ボヨビッチ
()
清水
()
宇佐美
()
鈴木
(角田)
相澤
(梅野)
ジョンパウロ
()
白澤
(渡辺)
田辺 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

全てのプレーにおいて今日の試合は集中していた。
しかし、チームの課題が克服できたわけではない。
次回の試合までに修正、強化し、チームをしっかり固めていく。
本日もたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

要約レポート

東レアローズとパナソニックパンサーズ、レギュラーラウンド対戦成績が1勝1敗の両チームの一戦。
スタートからパナソニックが福澤、清水、ジョンパウロの攻撃でリードを広げる。後半、東レ鈴木の連続サービスエース、米山のブロックポイントで追いすがるも、ブロックが良くこれが好レシーブを生みパナソニックが第1セットを逃げ切った。
第2セットは中盤、東レが近藤のサービスエース、ボヨビッチと米山の連続ブロックで4連続得点をあげると、パナソニックもスパイクとブロックの5連続ポイントで追いつく展開。終盤、清水のスパイク、白澤のブロックポイントで接戦を勝ち取る。
第3セットは、パナソニックがサービスエース、ブロックポイントでスタートからリードを広げる。中盤以降、ジョンパウロのスパイクが決定するのに対し、東レはサービスミスが多く、5点差でパナソニックが勝利した。
パナソニックは全員での攻撃やブロックが良く、特に福澤、清水の多彩な攻めが会場を盛り上げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 宮武 和夫