V・プレミアリーグ男子 2012/13 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
361
[開催日]
2013/01/27
[会場]
墨田区総合体育館
[観客数]
1,317
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:58
[試合時間]
1:58
[主審]
村中 伸
[副審]
高橋 弘二

JTサンダーズ

監督: 丹山 禎昭
コーチ: 徳元 幸人
通算: 4勝12敗
3 21 第1セット
【23】
25 2
14 第2セット
【22】
25
25 第3セット
【24】
20
25 第4セット
【23】
18
15 第5セット
【14】
10

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 5勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の勝利は、チーム全体で取れた1勝だという事と、連敗していたので、どうにか勝ちたいという気持ちが選手達のプレーに表れた結果だと思います。
 この勢いを来週に繋げて頑張りたいと思います。
応援ありがとうございました。

21 小澤
()
イゴール
(甲斐)
グラディナロフ
()
山岡
()
25
町野
(安井)
筧本
()
前田
()
衛藤
()

()
八子
()
手塚
()
橋場
(福田)
酒井 大上 リベロ 三上 山本(洋)
14 小澤
(安井)
甲斐
()
グラディナロフ
()
山岡
(西尾)
25
町野
(神田)
筧本
()
前田
()
衛藤
(岡崎)

(深津)
八子
(國近)
手塚
()
橋場
(福田)
大上 酒井 リベロ 山本(洋) 三上
25 八子
()
イゴール
()
グラディナロフ
()
山岡
()
20
町野
(神田)
筧本
()
前田
()
衛藤
(岡崎)
深津
()
國近
()
手塚
()
橋場
(福田)
酒井 大上 リベロ 三上 山本(洋)
25 町野
(神田)
八子
()
グラディナロフ
(土屋)
山岡
(西尾)
18
深津
()
イゴール
()
前田
()
衛藤
()
國近
()
筧本
()
手塚
(高橋)
橋場
()
大上 酒井 リベロ 山本(洋) 三上
15 八子
()
イゴール
()
グラディナロフ
()
山岡
(木村)
10
町野
()
筧本
()
前田
()
衛藤
()
深津
()
國近
()
手塚
()
橋場
()
酒井 大上 リベロ 三上 山本(洋)

監督コメント

 昨日に引き続きホームゲームでの連敗となり、非常に悔しい。
 3レグのスタートをこのような形で切ってしまい残念だ。
 気持ちを切り替え、次の試合に向けて頑張りたい。
 ホームゲームということで、たくさんの方にお越し頂き、ありがとうございました。

要約レポート

 昨日の敗戦を引きずらず、互いに上位浮上の足掛かりとしたいFC東京とJTサンダーズの一戦。
 第1、2セットは、FC東京が主導権を握る。スタートから手塚、前田の連続ブロックで勢いに乗り、山岡の効果的なサーブから手塚、グラディナロフ、前田で5連続ブロックを決め先取する。2セット目も、勢いを緩めることなく、手塚、グラディナロフ、橋場、前田がサーブ、アタック、ブロックと得点を重ね連取した。
 第3、4セット、後のないJTは、セッターを深津、ウイングスパイカーを國近に替えるとサーブ、スパイクと勢いを取戻しセットを取り返す。4セット目も國近の安定したレシーブを基点にして、八子、イゴールのアタックで最大9点差をつけてリードを保ち、ファイナルセットに持ち込む。
 第5セットも、JTが優勢のまま4点差をつけ、コートチェンジをする。FC東京は、前田のブロック連続得点で逆転したが、JT國近が効果的なサーブを打ち続け、熱戦を勝ち取った。

 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江